宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
迷宮ヶ丘一丁目 窓辺の少年
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

迷宮ヶ丘一丁目 窓辺の少年

  • 児童書
編: 日本児童文学者協会
イラスト: スカイエマ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年02月07日
ISBN: 9784035394105

20cm×14cm 122ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

加藤純子、中山聖子、濱野京子、河合二胡、椰月美智子、五人の作家による奇妙な話のアンソロジー。

ベストレビュー

絵が完成したら

どれもふしぎなお話たちですが、1話め(もうひとりの自分・加藤純子さん作)はちょっとすっきりしませんでした。もうひとりの自分ともっとぶつかる展開を期待していたのかも?
表題の濱野京子さんの「窓辺の少年」。とある少年の絵を描き始めてから、どんどん変わっていく親友。この少年の絵が完成してしまったらいったいどうなってしまうのかな?
最後のお話(未来の手紙・椰月美智子さん作)のいじめられっこが自分宛てに未来の手紙を送るお話が良かったです。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


日本児童文学者協会さんのその他の作品

迷い道へようこそ / 友だちになる理由 / ここから続く道 / なぞの扉をひらく / 5分ごとにひらく恐怖のとびら 百物語(3)強欲のとびら / 5分ごとにひらく恐怖のとびら 百物語(1)絶叫のとびら

スカイエマさんのその他の作品

少女探偵月原美音2 塾の帝王と神秘の王冠 / ひかり舞う / ぼくらの原っぱ森 / 恋の話 迷宮の王子 / アサギをよぶ声 そして時は来た / アサギをよぶ声 新たな旅立ち



『たべものやさん しりとりたいかい かいさいします』シゲタサヤカさんインタビュー

迷宮ヶ丘一丁目 窓辺の少年

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット