もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
あんちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あんちゃん

  • 絵本
作: 高部 晴市
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「あんちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年03月10日
ISBN: 9784494002696

4・5歳から
B5判 26.6×19.1cm
32ページ

みどころ

あんちゃんは、すごいんだぜ。体はでかいし、腕ずもうも学校でいちばん。
この前なんか、餃子30個も食べて「いいかげんにしなさい!」ってかあちゃんに怒られてたよ。
あんちゃんとおいらが入っている町のソフトボールチームでは、あんちゃんはファーストで四番。
ちょっと足はおそいけど、おいらの自慢の兄ちゃんなんだ。
でもある日、おいらは聞いちゃった。あんちゃんはどんどん目が見えなくなる病気だって家族で話をしていたのを…。
「うそ!!」
大事なソフトボールの試合、最終回、2アウトランナー2塁。つぎはあんちゃんの打席。
あんちゃんは気合を入れて、ブーンブーンとバットを力強くふっている。
「いけ!あんちゃん」

“おいら”の大事な“あんちゃん”を、大らかで魅力的に描いているのは高部晴市さん。
このお話は、高部さんが長年関わった少年ソフトボールチームにいたある少年のことを、実際のお話をもとにつくられた絵本なのだそう。あんちゃんが病気と元気に戦っていけるのは、大好きなソフトボールがあって、ともだちがいて、自分を愛してくれる家族がいるからなんだと、物語を通して伝わってきます。

あんちゃんは、病気のことを知ってもいつものあんちゃんで、大会の時には、いつもよりも気合の入ったあんちゃんで。あんちゃんは、何があったってニコニコ笑って頼もしい。
そんなあんちゃんは“おいら”だけでなく、読者のみんなも元気にしてくれます。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

あんちゃん

出版社からの紹介

あんちゃんは、体はでかいし、ごはんだって何杯もおかわりする。ちょっと足はのろいけど、あんちゃんはおいらの自慢の兄ちゃんなんだ。ある日、おいら、あんちゃんの目の病気について家族が話しているのを、聞いちゃったんだ。どんどん目が見えなくなる病気なんだって。
あんちゃんとおいらの、大事なソフトボールの試合。最終回、2アウトランナー2塁。つぎはあんちゃんの打席だ!
本作は、作者の高部晴市氏が長年関わった少年ソフトボールチームのある少年のことを描いた、実際のお話をもとにした絵本です。

ベストレビュー

かっこいい

日本絵本賞を受賞されていると知り、
図書館で借りて読みました。

餃子30個も食べたりなんちゅう子どもかと思いながら読んでいると、
目の病気の話から一気に引き込まれました。

持病を持ちながらも
明るく一生懸命がんばるあんちゃんもかっこいいし、
それを見守る家族も素敵だなと思いました。

もし、息子が病気になったら
こんなふうに接することができるかと
問いかけられた気がします。
(まことあつさん 30代・ママ 男の子6歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


高部 晴市さんのその他の作品

へんかしら そうかしら / 昭和の子どもとお店屋さん 昭和30年代、東京・下谷竹町物語 / 紙芝居 からいもと どろぼう / 菌の絵本 なっとう菌 / しゅん / ニャントさん



あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

あんちゃん

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット