ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

エドワルド せかいで いちばん おぞましい おとこのこ

エドワルド せかいで いちばん おぞましい おとこのこ

  • 絵本
作・絵: ジョン・バーニンガム
訳: 千葉 茂樹
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「エドワルド せかいで いちばん おぞましい おとこのこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年02月
ISBN: 9784593504459

この作品が含まれるテーマ

みどころ

 らんぼうで、やかましくて、いじわるで、やばんで、だらしなくて、きたない、みんなをこまらせてばかりいる男の子。
ここまで酷評された主役の男の子がかつていたでしょうか!それがエドワルド。
 元気に画面の中をいたずらしながら駆け回るエドワルド。そのからっとした雰囲気の裏に、どうしてこんな男の子になってしまったのか、特に説明はないのだけれど、バーニンガムの想いが絵ににじみ出ていてひしひしと伝わってくるようです。
 そしてちょっとしたきっかけでこれまでとはまったく違った一面を見せ始めるエドワルド。でも、らんぼうなエドワルドも優しいエドワルドもとっても魅力的。
こどもの純粋さがまぶしい、そして大人の何気ない一言にちょっと心痛い一冊です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

らんぼうで、やかましくて、いじわるで、やばんで、
だらしなくて、きたない、みんなをこまらせてばかりいるエドワルド。
でも ほんとうは、エドワルドは、
だれよりも すてきな おとこのこなのさ。

世界中の子どもたちに愛されている絵本作家
ジョン・バーニンガムの愉快な最新作!!

ベストレビュー

手のかかる子供の育て方

日々、娘にはよい言葉がけをしようと思いながら
小学校に上がってからのトラブル続きに、つい声を荒げて
きつい言葉をぶつけてしまうこともしばしば・・・

ただでさえ難しい年頃に突入しつつあるので
この絵本の内容に、改めて思いを新たにしました。

発達障害といわれる子が、二次障害といわれる状態に陥っていく・・・
まさしくそんな状態のエドワルドが
環境によって、良いところをグンと伸ばし変化していく。

子供にかかわるいろんな大人に読んでもらいたい絵本です。

(うみキリンさん 40代・ママ 女の子10歳、女の子8歳、女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

ジョン・バーニンガムさんのその他の作品

パイロットマイルズ / コートニー[新版] / ねんころりん[新版] / ガンピーさんのふなあそび<新版> / ガンピーさんのサイ / ガンピーさんのドライブ 新版

千葉 茂樹さんのその他の作品

火星は… / パラリンピックは世界をかえる ルートヴィヒ・グットマンの物語 / わたしが鳥になる日 / ジョナスの かさ / ぼくの犬スーザン / いろがみえるのは どうして?


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > エドワルド せかいで いちばん おぞましい おとこのこ

AmazonオーディオブックAudibleでJ.K.ローリング最新作『クリスマス・ピッグ』を楽しむべき7つの理由

エドワルド せかいで いちばん おぞましい おとこのこ

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.35

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット