宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ねことテルと王女さま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねことテルと王女さま

  • 絵本
作: クライド・ロバート・ブラ
絵: レナード・ワイスガード
訳: あんどうのりこ
出版社: 長崎出版

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ねことテルと王女さま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年02月
ISBN: 9784860955472

A5 54ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

心優しい青年テルが、額にハートの模様がある小さなネコを拾います。
幸せに暮らしていたのもつかの間、ある日ネコが行方不明に。
煙突掃除の男につかまり、働かされていたのです。
王女様に助けられたネコは、パレードの最中に逃げ出してテルのもとに帰るのですが・・・。

ねことテルと王女さま

ベストレビュー

ねこ好きさんに

絵がレナード・ワイスガードということで気になって読んでみたら、とてもかわいいお話でした。

短めの児童書です。

王女さまが出てきてバレンタインが出てくるので、ひょっとしてロマンス?とちょっとドキドキしながら読んでしまったのですが、それは読んでいただくとして。

ねこの各ページの表情がかわいくて、ねこ好きさんにはお薦めしたくなるお話でした。

最初ちょっと切ない場面から始まりどうなることかと思いました。一人読みするなら中学年以上かなと思います。

(はなびやさん 40代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


クライド・ロバート・ブラさんのその他の作品

はしって!アレン

レナード・ワイスガードさんのその他の作品

うさぎたちとふしぎなこうじょう / ザトウクジラ / コウテイペンギン / ちいさなうさぎのものがたり / パンタロンとケーキやさん / どうぶつたちのクリスマスツリー

あんどうのりこさんのその他の作品

コヨーテのおはなし / まいごになった子ひつじ / 雪の日のたんじょう日 / 3びきのこいぬ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

ねことテルと王女さま

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット