新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

かあさんはどこ?

かあさんはどこ?

  • 絵本
  • 児童書
作: クロード・K・デュボワ
訳: 落合 恵子
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2013年02月
ISBN: 9784893095565

148×210mm 96P

出版社からの紹介

戦争から遠いはずのまちに、突然の砲撃。恐ろしい音がどんどん大きくなって、近づいてくる。家は、めちゃくちゃに壊され、家族はだれひとりいない。「かあさんは どこ? みんなは?」守ってくれる大人はなく、知らないひとのなかにその子はひとり。はしって、はしって、はしりつづけて...... 

ベストレビュー

戦争って…

突然の空爆に逃げまどう人々。
混乱の中で母親とはぐれ、戦争に振り回される幼児が描かれています。
スケッチでつづられた物語は、ドキュメンタリーのようで、一人の幼児を追い続けます。
母親を探し続ける幼児は、多くの人に虐げられ救われやっとたどり着いた場所。
最後のシーンに救われるのですが、この絵本の緊迫感を伝えるには、それを書かない方が良さそうです。
戦争ってこんなことだと、生々しく描かれた内容に息がつまりました。
作者の叫びが痛いほどに響いて来ました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

クロード・K・デュボワさんのその他の作品

路上のおじさん / さいこうのおたんじょうび / わたし、ぜんぜんかわいくない / ふたりの箱 / しあわせのおくりもの / ほるぷ出版の大きな絵本シリーズ だいすきっていいたくて

落合 恵子さんのその他の作品

悲しみのゴリラ / あの湖のあの家におきたこと / 明るい覚悟 こんな時代に / おやすみ、ぼく【新版】 / とんでいった ふうせんは / その手がおぼえてる


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > かあさんはどこ?

2月の新刊&オススメ絵本情報

かあさんはどこ?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット