まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
くつがいく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くつがいく

  • 絵本
作: 和歌山 静子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り4

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年03月20日
ISBN: 9784494019694

小学校低学年〜
B5変型判 20.7×22.2cm
36ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

日本・中国・韓国の絵本作家が手をつなぎ、子どもたちにおくる平和絵本シリーズ。
それぞれの作家がご自身の戦争の体験と真摯に向き合い、自分の国が行ってきた事実と向き合う。
そこから生まれてくる作品は、それでも希望と平和への強い意志を感じることができるのです。

和歌山静子さんは幼い頃、何もわからず戦争を体験された。
その時、日本の兵隊たちはアジアの国ぐにで何をしたのか。本当の戦争の姿とはどんなだったのか。
その事実を知った今、和歌山さんが描き出したのは兵隊に履かれて海を渡っていった「靴」の運命。
ざっざっざっざっ ざっざっざっざっざっざっ
足音を揃え、靴たちが勇んで向かった場所は戦争。
海をわたり、隣の国の人たちをふみにじり、痛めつけ、また次の戦場へ。
やがて、靴はぼろぼろになり、履いていた兵隊たちも、命令した国もぼろぼろになり・・・。

絵本を開けば言葉も絵もシンプル、和歌山さんらしく力強い線がおどっています。
こわい場面が描かれているわけではありません。でも、一つ一つの言葉と表情が深く心につきささってきます。
子どもたちには本当の戦争を知ってほしい、そんな願いが込められているのです。
そして最後の場面。
「わたしはわたしの未来を生きていく。わたしの未来に戦争はいらない」
少女が見せる、はっきりとした自分の意思。
力強い言葉は、子どもの心、そして大人の心も奮い立たせてくれるようです。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

日・中・韓平和絵本シリーズ。
兵隊たちに履かれて戦場に行った靴の運命を描きながら、戦争の本当のすがたと平和の大切さを伝える。

70年前、日本の兵隊たちはアジアの国ぐにで何をしたのか。
幼いころ、何もわからず戦争を体験した作家が、あらためて戦争とは何かを問いただす。
兵隊たちに履かれて海をわたり、戦場に行った靴たち。その運命をとおして、ほんとうの戦争のすがたを描き、平和を守ることの大切さをうったえる。
そして、少女はいま、はっきりと自分の意志を伝える。
「わたしはわたしの未来を生きていく。わたしの未来に戦争はいらない」と。

ベストレビュー

帰ることのなかった沢山のくつたち

軍靴で、戦争の悲惨さを訴えている絵本です。

戦争は、沢山の命を奪う。

小さな 小さな 命さえ。

軍靴が、ボロボロになって

僕たちに命令した 国も ボロボロになった

帰ることの なかった

沢山の 靴たち

平和の大切さを訴えています
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • オヤジの海
    オヤジの海の試し読みができます!
    オヤジの海
    作・絵:さくらせかい 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    『いしゃがよい』のさくらせかいこれが幻のデビュー作品!

和歌山 静子さんのその他の作品

ねこがかいたえほん / 紙芝居 ころん こっつんこ / The Bean Counting Song まめの かぞえうた / 紙芝居 おっきなおにぎり ちっさなおにぎり / 紙芝居 ばけくらべ / め・め・め



>絵本エイド ―こころにひかりを―

くつがいく

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット