話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

ユリシーズ・ムーア 第2期 (2)ユリシーズ・ムーアと雷の使い手
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ユリシーズ・ムーア 第2期 (2)ユリシーズ・ムーアと雷の使い手

  • 児童書
訳・編: 金原 瑞人
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年09月28日
ISBN: 9784052036316

小学生
A5 312頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

世界24カ国でミリオンセラー!謎解き冒険ファンタジー待望の続編。物語が始まるのは、前作から2年後の水の都ベネチア。新たにアニタという少女を主人公に迎え、時空を超える扉をめぐる冒険の旅がはじまる。扉を開けば、そこには新しい冒険の世界が。

ベストレビュー

セカンドシリーズ第2巻です!!

作りは児童書になっていますが、大人が読んでもドキドキハラハラ、スリル満点でめちゃめちゃ楽しめます。
ファーストシリーズの時から謎だらけのユリシーズ・ムーアですが、
アルゴ邸に越してきた双子のジェイソンとジュリア、友達のリックたちの好奇心と冒険で、少しずつ見えてきました。

今回のシリーズではベニチアに住んでいるアニータと親友のトミーもこの冒険に乗り出し(巻き込まれるに近いかも…?)ます。
前回、アニータは本に書かれていた町「キルモア・コーブ」に行きつくことができました。
この2巻では、アニータ・ジェイソン・リックチームと、トミーの冒険と、ジュリアの探索(冒険)の3つの軸に分かれて物語が進行していきました。

それはそれで、出し惜しみしながら時間軸が進行していく面白さもあるのですが、《今》読んでいる章で活躍している子どもたちがどうなるのか知りたいのに、すぐ場面展開されてしまう悲しさもありました。

まだまだ謎だらけですが、「消えゆく村」にも何とかつけたし、ジュリアやネスターは“キルモア・コーヴ”で本屋のカプリソにまつわるなぞに触れつつあるし、面白さは加速していきます。
まだ2巻を読み終えたばかりですが、はやく続きが読みたいです。

字は比較的大きく、段落もスペースが空いていて読みやすいです。
主人公は12,3歳の子どもたちなので、冒険ものが大好きな小学校高学年以上のお子さんたちにぜひ、読んでもらいたい1冊です。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


金原 瑞人さんのその他の作品

子どもの本の世界を変えたニューベリーの物語 / マインクラフト ジ・エンドの詩 / 世界に生きる子どもたち 男の子でもできること みんなの未来とねがい / ドリトル先生アフリカへ行く  / ヴァイキングの誓い[新版] / ゴーストソング


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 外国文学小説 > ユリシーズ・ムーア 第2期 (2)ユリシーズ・ムーアと雷の使い手

【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

ユリシーズ・ムーア 第2期 (2)ユリシーズ・ムーアと雷の使い手

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット