新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
声に出そう四季の短歌・俳句 2 夏の歌

声に出そう四季の短歌・俳句 2 夏の歌

作: 岩越 豊雄
絵: 鴨下 潤
出版社: 汐文社

本体価格: ¥2,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2012年11月
ISBN: 9784811389158

内容紹介

春・夏・秋・冬のそれぞれの季節をよんだ短歌と俳句を紹介するシリーズ。本巻は夏。同じ季節に、同じ植物や生き物、自然をよんだ短歌と俳句を鑑賞することで、より作品への理解を深められる。

ベストレビュー

どうやって使おうかぁ。

子どもたちの多くはただお話を聞くだけよりも、
一緒に声を出したりできる参加型の作品の方が、反応が大きく楽しんでくれてる感がリアルに伝わってくることが多いです。

この本の中で取り上げてくれている持統天皇や山上憶良などの短歌や俳句から、明治時代の歌人・俳人のうたも載っていました。

こういう作品の場合、創作絵本のように隅から隅まで読むには少々長すぎるので、
この本の中からいくつか選んで復唱してもらうのが一番妥当な紹介の仕方かもしれません。

この本の中で紹介されている作品の中で、一番気に入ったのは
「朝顔に釣瓶とられて もらひ(い)水    加賀千代」
です。
朝起きて井戸水をくもうとしたら釣瓶に朝顔が絡みついたので、思わず隣の家までもらい水に行くことにした」という意味だそうです。
なんだかほっこりする歌で、素敵ですよね〜。

小学校の高学年くらいから、中学生・高校生の皆さんに紹介してみてはいかがでしょうか?
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話

鴨下 潤さんのその他の作品

名作古典にでてくる とりの不思議なむかしばなし / チロリ / ねこのかんづめ(キッズ文学館) / 一さつのおくりもの / 雨あがりのメデジン / せいかつ図鑑


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学詩歌 > 声に出そう四季の短歌・俳句 2 夏の歌

2月の新刊&オススメ絵本情報

声に出そう四季の短歌・俳句 2 夏の歌

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット