話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ
ライオンをかくすには

ライオンをかくすには

  • 絵本
作: ヘレン・スティーヴンズ
訳: さくま ゆみこ
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ライオンをかくすには」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2013年03月25日
ISBN: 9784893095602

25.0×27.2cm 32P
上製 hard cover

みどころ

ある暑い日、1頭のライオンが帽子を買おうと、街にやってきました。
ところが街の人たちにおいかけられ……
逃げこんだのは、アイリスのうちの庭の、おままごと用の小屋。
あれ、ライオンったら、ほとんどはみだしていますよ。
アイリスはライオンを家のなかに入れてあげました。
おとうさんとおかあさんに見つからないように、こっそりと。
だって、おとうさんとおかあさんが知ったら、びっくりしておおさわぎしちゃうでしょう?

アイリスは、ライオンとたのしくあそびます。
ん? そんな大きなライオン、アイリスはこわくないの?
それに、家族に見つからないようにするなんて……できるの?

小さな女の子が、大きなライオンをかくすのは、とってもたいへん!
でもね、アイリスはがんばります。
それにこのライオンさんったら、素敵なんです。
思わずさわりたくなる、あたたかそうな大きい体。
情けない顔をしたり、なでられてうっとりしたり、表情ゆたかな姿を見れば、
きっとあなたもライオンが好きになっちゃうはず。
大事なときに「ぐわああああっ」と吠えてとびかかる瞬間は、迫力満点。
こんなライオンと暮らしてみたい!

作家のヘレン・スティーヴンズは、1972年生まれのイギリスの絵本作家、イラストレーター。
本書は15か国言語に訳され、あっという間に世界の子どもたちの大好きな絵本に仲間入りしました。
のびのびしたタッチと、しゃれた色彩が素敵ですよ。
続編『おばあちゃんからライオンをかくすには』もあわせて読んでみてくださいね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

ぼうしをかいに、町にやってきたライオン。少女・アイリスは、庭に逃げてきたライオンを、子ども部屋にかくしてあげることにしました。けれども、そうかんたんにはいきません。大きいし、もじゃもじゃだし、なにしろ重たいんです!  さて、アイリスは、いつまでライオンをかくしておけるでしょうか......

ベストレビュー

「かくれんぼ」のドキドキ感を、思い出します

 軽妙なタッチでのびのびと描かれた絵本です。百獣の王として威厳のあるはずのライオンも、ユーモラスで可愛いです。どのページにも登場するライオンの黄色い色が、キレイで効いています。

 ライオンは、帽子を買いに来ただけなのに、街は大騒ぎ。追いかけられて逃げ出すはめになりました。でも、小さな女の子が家にかくまってくれて・・・。

 体の大きなライオンを、両親に気付かれないように隠すって、とっても大変!今にも見つかりそうでドキドキします。読んでいると、かくれんぼの時のドキドキ感を思い出しました。聞き手の子どもには、ここが面白いところだと思います。

 努力もむなしく?見つかってしまったライオンも、思わぬ活躍をしてみんなの人気者に・・・。良かった!

 大判で大きく描かれているので、読み聞かせ会にも向いていると思います。楽しい絵本です。
(なみ@えほんさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ヘレン・スティーヴンズさんのその他の作品

クリスマスのおかいもの / ミミと まいごの赤ちゃんドラゴン / トルーシー・トルトルとトラ / ロバのジョジョとおひめさま / おばあちゃんからライオンをかくすには / やっぱり ノミタくん!

さくま ゆみこさんのその他の作品

トラといっしょに / みずをくむプリンセス / グレタと よくばりきょじん たったひとりで立ちあがった女の子 / おまつりをたのしんだおつきさま / 明日をさがす旅 故郷を追われた子どもたち / なかよしの水 タンザニアのおはなし


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > ライオンをかくすには

【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

ライオンをかくすには

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット