ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
話題
パパおふろ

パパおふろ(文溪堂)

お父さんと一緒にお風呂に入りたくなる絵本

  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ
すやすや ぷー

すやすや ぷー

  • 絵本
作: 山本 祐司
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥990

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2013年05月20日
ISBN: 9784494001781

0歳から
21.0×18.7cm 24ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

うさぎさん、いいこいいこ。うさぎさん、ふわふわ。
うさぎさん、うとうと…。

ゆうくんが、ふわふわのうさぎさんに触れて、ゆうくんのひざの上で気持ちよさそうにうとうとしているだけで、なぜかあっという間に「ほんわり」した気持ちになってしまうこの絵本。不思議です。

それは、ゆうくんもお母さんの体に触れながら、うとうと、ねんねする気持ちよさを知っているからかもしれません。うさぎさんに少しずつ近づいて、うさぎさんが気持ちよさそうにしていたら、ひざの上に乗せて。うさぎさんがうとうとしてきたら、ゆうくんもうとうとして。
おしまいには、体に乗っけて「うさぎさん ぷーぷー ねんね」、「ゆうくん すーすー ねんね」ふたりで一緒に夢の中。
なんて可愛いやり取りなのでしょう。
「ぷーぷー すーすー すーやすや」
読んでもらっている子どもたちも、うさぎさんの気持ちよさや、あるいは自分のお母さんのお腹の上の感触を思い出しながら、安心して一緒にうとうとしてくるのかもしれません。
うさぎさんもゆうくんも幸せ。ふたりの寝顔を見ている子どもたちも幸せ。
毎日のおやすみ絵本にはぴったりの1冊です。

ちなみにうさぎさんの可愛い寝息「ぷー ぷー」というのは、作者の山本祐司さんご自身がそう聞こえたということで言葉にしたのだそうですよ。なんだか新しい表現だけど、気に入っちゃいました。
うさぎさん、ぷーぷー。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

うさぎさん、ふわふわでいいきもち。いいこいいこしてたら、ねちゃったよ。
スキンシップの心地よさに、体も心もあたたかくなります。コミュニケーションの基となる信頼関係を築くのにぴったりのあかちゃん絵本です。

ベストレビュー

ほんわか絵本

ゆうくんとうさぎちゃんのほんわかとなんだかあたたいお話です。ゆうくんがうさぎちゃんに優しくふれあうところがとても可愛らしい。抱っこしながら読むのもいいし、寝る前のおやすみ絵本の1冊にもぴったりです☆読み終えるとほっと優しい気持ちになれました。
(☆うさこ☆さん 30代・ママ 男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山本 祐司さんのその他の作品

<紙芝居>にこにこ えがお / ふるふるひめ / ラーメンのおうさま / へんしんへんしん フルーツポンチ / 紙芝居 おもちの もっち / カレーのおうさま



ボロボロ絵本コンテスト開催中!

すやすや ぷー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット