季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
当世落語絵本 母恋いくらげ

当世落語絵本 母恋いくらげ

  • 絵本
原作: 柳家 喬太郎
文・絵: 大島 妙子
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2013年03月
ISBN: 9784652200094

28×21cm 40ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


当世落語絵本『母恋いくらげ』大島妙子さんインタビュー


【結果発表】親子でよみたい夏の落語絵本 母恋いくらげ 孝行手首

みどころ

大島妙子さんの味と愛嬌のある絵が光る「当世落語絵本」シリーズの2冊目は、人気の新作落語から。

「くらのすけ。きょうからおまえは、おっきなおっきな海へでる。」
今日はくらげのおっかさんの一人息子、くらのすけのめでたい海デビューの日。
「慣れるまでは、おっかさんのそばを離れちゃいけないよ。万に一つ、はぐれちまって、怖い目にあった時には、からだじゅうに、ありったけの力をこめるんだよ。」
だけどくらのすけはもじもじ、なかなか外へ出てこない。
それもそのはず、海の世界は本当に広い。たくさんの生き物たちが暮らしていて、そこにはたくさんのドラマがあるのです。しかも、外には陸ってところや、空ってところもあって、そこにもたくさんの生き物がいるんだという。腰も引けるよね。
そのうち、すっかり慣れて友達と夢中で遊んでいると、大波がやって来てくらのすけをさらって浜にうちあげられてしまった!?小さな水たまりでひとりぼっち。心細くみんなを探していると…突然空からふってきたのはみかんの皮。
「おっかさん?」
さてさて、どうなるくらのすけ。無事に海の世界に戻れるのでしょうか。
くらのすけが渾身の力を込める時、何が起こるのでしょう?

「母恋いくらげ」は落語家柳家喬太郎の自作の新作落語。「みかん・電気・水たまり」の三つのお題を客席からもらってつくった「三題噺」として誕生したのだそう。それがこんなお話になってしまうなんて、落語ってすごい。そして、それをこんな愉快な絵本にしてしまった大島妙子さんもやっぱりすごい!!
声に出して読んだ時の心地よい面白さと、くらのすけの沢山の愛らしい表情をご堪能ください。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

当世落語絵本 母恋いくらげ

出版社からの紹介

赤ちゃんくらげのくらのすけは、海デビューの日、大波がきて浜にうちあげられてしまった。水たまりにひとりぼっちになり、心細くてたまらなくなるが、あるものをおっかさんとかんちがいして……。人気の新作落語を絵本化した意欲作。

ベストレビュー

なるほど〜

くらげが主人公のお話って珍しいですよね。
くらげのくらのすけがのみかんの皮をお母さんくらげと間違えるとは・・・
確かに形が似ているかも!?
最後のオチにくすっ、なるほど〜(笑)
巻末のくらのすけの子守唄のメロディーが知りたくなりました。
ほっこりリラックスできる絵とストーリーに癒されました。
(ちょてぃさん 40代・ママ 女の子13歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


柳家 喬太郎さんのその他の作品

ろじうらの伝説

大島 妙子さんのその他の作品

はなやのおばさん / すっとびこぞう! 〜おばけかいどう おつかいどうちゅう〜 / きんぴらきょうだい / しらゆきちりか ちっちゃいな / 紙芝居 おばけいぬの おハナちゃん / オニのサラリーマン じごくの盆やすみ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 当世落語絵本 母恋いくらげ

4月の新刊&オススメ絵本情報

当世落語絵本 母恋いくらげ

みんなの声(49人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット