まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ウエスト・ウイング
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ウエスト・ウイング

  • 絵本
著: エドワード・ゴーリー
出版社: 河出書房新社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2002年11月
ISBN: 9784309265896

B5変形 68ページ

関連するスペシャルコンテンツ


翻訳者 柴田元幸さんにインタビューしました!

出版社からの紹介

どこの西棟なのか。いったい何が描かれているのか。文章のないモノクロのイラストだけで綴られた世界。どんなストーリーが展開していくのか、すべてが見るものの想像力にゆだねられてしまう、途方もなく怖い作品。

ウエスト・ウイング

ベストレビュー

怖い、怖い。

怖いです。
それは、モノクロの絵だから、という理由だけではありません。
与えられている情報、それは西棟(ウエスト・ウイニング)だということだけ。
文字はありません。

30枚のペン画からなる絵は、それぞれが独立していて共通点は見当たらず、
そこは西棟(ウエスト・ウイニング)なんだろうと感じることしかできません。

生活感も無く、突如として現れる人。物。そして、気配。
なんらかの共通点は無いか?それを知る術はないか?
そんなものは無いと思いつつ、ついつい何度も見返してしまうのは、
きっとこの絵から何かを想像したいと願う、見る者のエゴなのかもしれません。

見れば見るほど、なぜこの絵が描かれたのか?と想像したくなる、
途方も無く怖い作品です。ああ、怖い、怖い。
(どんぐりぼうやさん 30代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エドワード・ゴーリーさんのその他の作品

ぼくたちが越してきた日からそいつはそこにいた / キャッツ ポッサムおじさんの実用猫百科 / むしのほん / 蟲の神 / 悪いことをして罰があたった子どもたちの話 / 輝ける鼻のどんぐ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

ウエスト・ウイング

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.83

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット