はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1) はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1) はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1)の試し読みができます!
再話: 深山 さくら  出版社: くもん出版
子どもたちの大好きなあのお話、英語で読んでみませんか? 昔話や楽しい歌を収録した、CD付き絵本!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ごめんね!ダンスおばあちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ごめんね!ダンスおばあちゃん

  • 児童書
作: 小原麻由美
絵: つちだ よしはる
出版社: 国土社 国土社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年10月
ISBN: 9784337330528

小学校低学年
A5判76ページ

出版社からの紹介

ダンスが大好きなれいこさんは、まごのかなちゃんに練習のビデオを見せたり、一緒におやつを食べたくて帰ってくるのを待っています。かなちゃんも大好きなのですが、ある日れいこさんを傷つけるひと言を…。心温まる幼年どうわ。

ベストレビュー

おばあちゃんの気持ちって・・・

いるいる・・・(^^ゞ
こういうおばあちゃん、身近にいっぱい(^^ゞ
私が子どもの年代の時とは考えられない位
現在のおばあちゃんたちは
「おばあちゃん」と呼ばせないとか
ママより、お友達っぽく?接していたり
習い事も孫と競っていたり・・・

でも、孫に喜んでもらいたいという気持ちは
わかるんだけど
れいこさんのように
一方的に・・・というのはどうかな?
やり過ぎではないですかね?
って言いたくなるし
孫の立場になって考えてよ・・・と
説教したくなっちゃう(^^ゞ

そのれいこさんの遺伝かな?
かなちゃんの言葉のきつさもすごいです

救いは、おとうさんとおかあさんが
とてもやさしく
丁寧にわかりやすく接してくれるところ
ホッとします

年齢を重ねても
「生き甲斐」があって
活き活きしているおばあちゃんは素敵です
でも、年齢相応に・・・
ということでしょうか

是非、祖父母と孫と一緒に
読んで、語り合ってほしい本です
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

小原麻由美さんのその他の作品

ペンギンのまほうのコップ / ありがとうの道 / 図書室のふしぎな出会い / じいちゃんの森 森おやじは生きている / ロンとククノチの木

つちだ よしはるさんのその他の作品

ねずみくんのおくりもの / やくそくの「大地踏」 / はなびらがとんできた / はなみず じゅるじゅる せき ごほごほ / だあれ?だあれ? / だっこだっこ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

ごめんね!ダンスおばあちゃん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット