貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
願いがかなうふしぎな日記
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

願いがかなうふしぎな日記

  • 児童書
著: 本田有明
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「願いがかなうふしぎな日記」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 一章ためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年08月
ISBN: 9784569782539

小学中級以上
四六判変型上製 151ページ

9〜10歳 編集部おすすめ

出版社からの紹介

「望みはこれに書いておくといいよ。きっとかなうから」亡くなったおばあちゃんからもらった日記に、願いごとを書いた光平。もう一度おばあちゃんに会いたい、のぞみ号にまた乗りたい、お父さんとお母さんが仲直りしてほしい……。日記に書くと、ふしぎなことにその願いごとがかなっていく。

小学校三年生のときに水泳教室でおぼれてから、「オボレンジャー」というあだ名がついた光平は、今年こそは泳げるようになりたいと願う。そこで日記に書き、自分なりに練習をして夏休みの水泳教室に挑んだ。ところが、練習の成果はなく1メートルも泳げなかった。

そんなある日、公民館で家族と離れて暮らしているというおじさんに出会った。光平はおじさんの「ふるさとに帰る」という願いも日記に書いてあげることにした。

そして、光平にはどうしてもかなえたいある一つの願いがあった……。

日記を通じて大切なこと学び、成長していく少年の姿を描いた夏の物語。

ベストレビュー

書こう!

とっても素敵な物語でした。
この手の物語、私は大好きです。
実は私も書いています。
願いをかなえるために・・でも、「ふしぎな日記」でも
ないし、そもそも「日記帳」ではないのですけれど。
手帳に「やりたいこと」「ほしいもの」「かなえたいこと」
などなどたくさん書いています。
書くと、意識するし、意識するとそこに向かってがんばって
いこうっていう気持ちになれるからいいですよね。
この物語の主人公の光平も、日記に魔法をかけてもらって
願いをかなえてもらうような気持ちで書き始めたけれど、
「自分がやらなければだめなんだ」って気づきます。
そうして、自分でやれば、かなっていったりもすると
いうことにも気づきます。

今年もそろそろ終わり・・来年も光平に負けないように
書いて、がんばろうと思いました。
(ぽこさんママさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

本田有明さんのその他の作品

「水辺の楽校」の所くん / 歌え! 多摩川高校合唱部 / ぼくたちのサマー / 卒業の歌



トビラの先に広がる奇妙な世界『ヒミツのトビラ』長田真作さんインタビュー

願いがかなうふしぎな日記

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8




全ページためしよみ
年齢別絵本セット