宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ひゅーどろどろかべにゅうどう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひゅーどろどろかべにゅうどう

  • 児童書
作: 角野 栄子
絵: はた こうしろう
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年12月
ISBN: 9784338257015

小学1・2年生から
A5判 63ページ

7〜8歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

おばけってね、いろんなところにいるんだって! うちにも、いるのかな? こわいけど、あってみたいな…。ヒロとタッちゃんのおばあちゃんは、かべにあいたあなを「かべにゅうどうのくち」っていうけれど、ほんとかな……。

ベストレビュー

国際アンデルセン賞受賞、ということで、角野栄子さんの
本が、図書館の棚にたくさん並べて置かれていました。
その中からちょっとおもしろそうだなあと思って、この本を
借りてきました。あっという間に読んでしまった娘も
「おもしろかったよ」と言っていました。
おばけ、かべの穴・・と言えば、子どもの心は釘付けに
なりますよね。私は怖がりなので、絶対に穴に指は入れない
ですけどね。娘だったらやりそう。
おばけが出てきてちょっと怖いけど、でも、怖くてたまらない!
というほどではなく、本の中のちびっこらも楽しんでいたので
よかったな。はたこうしろうさんの挿絵もかわいくて大好きです。
(ぽこさんママさん 50代・ママ 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


角野 栄子さんのその他の作品

おばけのソッチ ぞびぞびオーディション / わたしを わすれないで / おばけのアッチとくものパンやさん / さあ、なげますよ / わたしおべんきょうするの / おばけのアッチ ドララちゃんとドララちゃん

はた こうしろうさんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / ゆき / いっすんぼうし / どしゃぶり / えほん遠野物語 でんでらの / にちようびのぼうけん!



「楽しみながら生活する気持ち」と「生活習慣」を学べる絵本♪

ひゅーどろどろかべにゅうどう

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット