話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

民話と伝説 呪いの巻物(1) 日本のおばけ話

民話と伝説 呪いの巻物(1) 日本のおばけ話

  • 児童書
編・著: 神戸淳吉
絵: 須田 寿
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「民話と伝説 呪いの巻物(1) 日本のおばけ話」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年03月
ISBN: 9784035125105

小学3・4年生から
22cm×16cm 193ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「雪むすめ」「佐賀のばけねこ」ほか、人情味のあるおばけの話から仇討ち伝説まで、多彩でゆたかな日本の民話と伝説18話を収録。

ベストレビュー

特集!定番化した古典

日本各地に古くから伝わる怪異譚を、子ども向けに編集。18話。
田舎の民話、街中の怪奇現象、恨み怨霊系、ちょっとユーモラスな妖怪や地獄の使いなどもあり。能などの舞台や、落語などの話芸、映画やアニメなどにも登場するよく知られた話が多く、人気が高い演目を全部詰め込んだような豪華な内容。

人々が着物を着て、電気や水道もない生活をしていた時代の話。
素朴な挿絵が雰囲気を盛り上げる。
今は、テレビやインターネット動画、漫画などもかなり派手な描写になっているので、この本だと怖いというよりも、不思議な話という印象になるかもしれない。他人事の物語だと思ったら大したことがないかもしれないが、自分がその場にいて体験していると仮定して読み進めると、恐ろしさ倍増。
恐ろしい話ではあるが、単に脅かされるだけではなく、その場にいる人たちの人間関係や、社会事情(侍やお坊さんなど)、主人公の性格などが物語を面白くしてくれる。

個人的に気に入ったのは「ろくろ首」。豪快な話だ。
印象に残ったのは「おばけ車」。夜中に1つだけ車輪がある車で街中を走っていく異界の女の話だが、ちょっと寂しいような気分になった。百鬼夜行版・暴走族。
ほかに、古典芸能でおなじみの「安珍と清姫」「佐賀のばけねこ」などは、自分が知っている話とはずいぶん印象が違って興味深い。安珍と清姫の性格が、サイコパス風で怖い。生きているうちにすでに恐ろしい性格で、生きながら魔物に変化していく清姫の描写が、現代のストーカーや異常者による犯罪を思わせる。

結局、生きている人間が一番怖いのかもしれない。
(渡辺諦さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。
  • ゆき
    ゆきの試し読みができます!
    ゆき
     出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    ♪ゆきや こんこ あられや こんこ…。はたこうしろうが描く雪景色が美しい絵本。

神戸淳吉さんのその他の作品

けんちゃんでんしゃ / キリスト / めいけんバリー

須田 寿さんのその他の作品

民話と伝説 呪いの巻物(9) 日本の怪ぶつ話


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 民族・風習 > 民話と伝説 呪いの巻物(1) 日本のおばけ話

食品ロスについて知る入口となる絵本  『ほうれんそうカレー ききいっぱつ!』田中六大さん&入馬さん兄弟インタビュー

民話と伝説 呪いの巻物(1) 日本のおばけ話

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット