新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
旅の絵本 8 日本編

旅の絵本 8 日本編

  • 絵本
絵: 安野 光雅
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2013年05月25日
ISBN: 9784834080032

読んであげるなら・ 5・6才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
26×24cm 56ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

旅の楽しさを描く『旅の絵本』、待望の日本編

繊細な筆使いで、世界各地を舞台に旅の楽しさを描いてきた「旅の絵本」シリーズ。第8巻となる今回の旅の舞台は、待望の日本です。作者の安野光雅さんが生まれ育ったころの津和野をはじめとして、日本各地のなつかしい風景が、お花見や田植え、お祭りに紅葉などの、季節の移り変わりとともに描かれています。巻末には、「電気のなかったころのこと」と題して、東日本大震災後の日本を思う、著者のエッセイを収録。

ベストレビュー

懐かしい草屋根

私は藁葺き屋根の草屋根で育ったので、田舎の田園風景がとても懐かしかったです。何処の家でも、鯉のぼりをたてていた時代だったので、表紙の鯉のぼりは、嬉しかったです。ちょっと生活に不便さも感じられますが、お祭りや花見も楽しんで、農業は家族全員で協力してやったので、9人大家族もよかったなあと思いながらこの「旅の絵本8日本編」を捲っています。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ぼんさいじいさま
    ぼんさいじいさま
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ある春の日に訪れた、最期の一日。 ぼんさいじいさまのまわりには沢山のありがとうとさよならがありました

安野 光雅さんのその他の作品

旅の絵本 全10冊 / 旅の絵本 10 オランダ編 / しりとり / 私捨悟入 / 旅の風景 / 文庫手帳2020



2022年4月の新刊&おすすめ絵本

旅の絵本 8 日本編

みんなの声(6人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット