宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
みんなで まもった ひなどり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みんなで まもった ひなどり

  • 絵本
文: 唯野元弘
絵: むかい ながまさ
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年04月08日
ISBN: 9784790250289

上製 25.7×21.0cm(表紙26.3×21.3cm)28ページ

出版社からの紹介

インドのベナレスの外れの湖の湖畔に、タカの夫婦とひな、ライオンと鳥の王ミサゴ、そして島に大ガメが住んでいました。そこへ漁師がやってきて、タカのひなを捕らえようとしますが、みんなが協力してひなを守ってあげたという物語です。仏教では三つの宝(三宝)をたいせつにします。仏、法、僧です。仏とは仏様、法とは仏様の教え、僧とはそれを奉ずる人々の集団(仲間)をいいます。お釈迦さまは、この物語を通じて、いのちのたいせつさとみんなで仲間を助けるたいせつさを伝えたかったのでしょう。この絵本を通して、子どもたちに一人で生きているのではない、まわりのみんながいること、そしてみんなが協力していくことによって、みんなが幸せになれることを伝えていただきたいと思います。

ベストレビュー

インドの昔話

インドの昔話です。大きな湖があって、湖の周りには、たかの親子、ライオン、鳥の王さまのみさご、湖の中の島には、大きな亀が住んでいました。みんなはとても仲良しでいつも助け合って暮らしていました。たかのひな鳥が2羽生まれて、三人の猟師からみんんで協力してひなを守ったお話でした。みさごが羽が焼け爛れて血が滲んでいても、命をかけてもおまえたちの可愛いひなどりを守るんだといったのに感動しました。子育てもやっぱり周りの協力で育っていくと思いました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


唯野 元弘さんのその他の作品

きのこのばけもの / なんにもせんにん / 紙芝居 モンゴルの白い馬 / さるの はし / きんいろの しか / そらを あるく しろい ぞう

むかい ながまささんのその他の作品

アンバー・ブラウンとブランディ / アンバー・ブラウンのなつやすみ / あたし、アンバー・ブラウン! / 地獄坂へまっしぐら! / おいらは ケネルキャット サスケ / きみの声がききたいよ!



ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

みんなで まもった ひなどり

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット