話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.

しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.(フレーベル館)

ひらいてビックリ!めくって楽しい!しっぽをさわらずにはいられない!

きんいろの しか
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きんいろの しか

  • 絵本
文: 唯野元弘
絵: 清水 耕蔵
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年04月08日
ISBN: 9784790250296

4〜5歳児
上製 25.7×21.0cm(表紙26.3×21.3cm)28ページ

出版社からの紹介

男がシカ王にいのちを助けられた恩を忘れ、誰にも言わないという約束を破り、王様に金色のシカの住んでいる場所を教えてしまいました。王はシカ王の話を聞き、シカの話に感心し、以後シカと人間は仲よく暮らしたというお話です。仏教では、さとりにいたるための実践の方法(道)を説かれました。「八正道」といいます。正道、正思惟、正語、正業、正命、正精進、正念、正定。正しい智慧を持ち、正しい道理を思索していこうというものです。この物語は、仏教のこうした智慧やいのちをたいせつにすることを説いています。この絵本を読んで、子どもたちに約束は必ず守ること、恩は決して忘れてはいけないことを伝えていきましょう。

ベストレビュー

約束

自分の命を助けてもらった金色の鹿に、自分のことは内緒にする

ことを約束した男が、約束を破ってしまいます。

金色の鹿の居場所を教えた者に、たくさんの褒美がもらえると

知ると金色の鹿との約束を破ってしまいます。

王さまは、「相手が獣とはいえ、命を助けてもらった恩を忘れると

は・・・・・・。ああ、なんて愚かなんだ。男を捕らえよ!」

「王さま、あんな男に関わるのは恥です。あの男を許してやりまし

ょう」と、金色の鹿の言葉に感動しました。それからは、獣たちと

平和に暮らせるようになったインドの昔話でした。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

唯野 元弘さんのその他の作品

きのこのばけもの / なんにもせんにん / 紙芝居 モンゴルの白い馬 / さるの はし / みんなで まもった ひなどり / そらを あるく しろい ぞう

清水 耕蔵さんのその他の作品

こがねの仏鉢


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 文学総記 > きんいろの しか

【連載】9月の新刊&オススメ絵本

きんいろの しか

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット