新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
天山の巫女ソニン 江南外伝 海竜の子

天山の巫女ソニン 江南外伝 海竜の子

  • 児童書
著: 菅野雪虫
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「天山の巫女ソニン 江南外伝 海竜の子」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2013年02月
ISBN: 9784062181655

四六判
247ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

人気ロングセラーファンタジー小説「天山の巫女ソニン」の番外編が登場。

江南の美しい湾を牛耳る『海竜商会』。その有力者サヴァンを叔父にもち、何不自由なく幸せな日々を送っていた少年・クワン。しかし、クワンが落としたアクセサリーがきっかけとなり、湾に毒が流される。湾の海産物はすべて死滅し、混乱に巻き込まれサヴァンと母は亡くなってしまう。 すべてを失ったクワンのもとに、王宮から迎えがくる。江南王の隠し子であることを告げられたクワンは、王宮でくらすことを決める。そこで、あの事件が、側室の子であるクワンを憎んだミナ王妃による陰謀だと気づいて……。
多くの人々の心をひきつける江南の第2王子クワンの絶望と波乱にみちた魂の再生の物語。

「母さん」
クワンはもう一度、母を呼びました。
「ねえ、母さん?」
母は動きませんでした。
クワンは自分の声が震えていることに気づきました。
「母…さん……」
それはクワンの、長い子どもの時間が終わった日でした。――<本文より>

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


菅野雪虫さんのその他の作品

星天の兄弟 / ランペシカ / じりじりの移動図書館 / ポプラポケット文庫 女神のデパート(5) 決戦のラスト・セール! / 女神のデパート (4)おいでよ♪ ハッピー文化祭 / ぎりぎりの本屋さん


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > 天山の巫女ソニン 江南外伝 海竜の子

食品ロスについて知る入口となる絵本  『ほうれんそうカレー ききいっぱつ!』田中六大さん&入馬さん兄弟インタビュー

天山の巫女ソニン 江南外伝 海竜の子

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット