もったいないばあさん かわを ゆく もったいないばあさん かわを ゆく
作・絵: 真珠 まりこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
川を舞台に、水の循環、命のつながりをテーマにした絵本です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
文庫版 少年探偵・江戸川乱歩(14) 魔法博士
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

文庫版 少年探偵・江戸川乱歩(14) 魔法博士

  • 児童書
作: 江戸川 乱歩
絵: 藤田 新策
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥600 +税

「文庫版 少年探偵・江戸川乱歩(14) 魔法博士」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2005年02月
ISBN: 9784591084250

小学校高学年〜
17.5cm x 13.5cm
174ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

少年探偵団の二少年は、スクリーンをつんで映画をうつしている怪しげな車のあとをつけた。そして恐ろしい魔法博士のとりこに・・・。

ベストレビュー

すごい手品を次々見ているような、昭和ロマン冒険談

【内容】
ある夕方、道化の恰好をした人が映画を上映していた。少年二人は、興味をもって後をつけていく。神社に辿り着くと、黒い覆面の男たちに少年達は連れ去られてしまう。その先には魔法博士という悪者たちの親玉がいて、名探偵の明智小五郎を「盗む」と豪語しているが…
少年探偵団たちと、魔法博士一味の戦いが、世界的な宝物の予告窃盗と誘拐事件のなかで繰り広げられる。

初出:「少年」(光文社発行、雑誌) 昭和31年(1956年)1月号〜12月号まで連載
挿絵:佐竹美保 作:江戸川乱歩

【感想】
戦争後、10年くらいたってからの渋谷区周辺あたりが舞台の、少年探偵もの。少年探偵シリーズ第14作目なので、過去の事件も持ち出して話が進んでいくのだが、この1冊だけでも十分に楽しめるように工夫されている。
毎度このシリーズを読むと思うが、探偵ものが苦手な私でも、最後まで興味をもって、話のスジを見失うことなく楽しめるようにしてあるのがありがたい。例えば、少年たちが拉致された泥棒の隠れ家では、この世のものとは思われないようなすごい仕掛が待ち受けている。ネタバレにならないように紹介するのが難しいのだが、巨大な人形の体内を通るという、想像力がたくましいと相当グロテスクでドキドキしちゃうような出来事もあり、虎や人形が自由に意思をもって動きまわる。子どもがバラバラに殺されてから、魔法のように復活したり、殺した人が反省して殺した子どもと仲直りしたり…外国の手品を見ているような、サーカスのような妙な事件が次々に起こり、飽きない。
昭和30年代の、レトロ感たっぷりの、不思議なサスペンス。子どもよりも、大人の方が夢中になるかも。
(渡辺諦さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


江戸川 乱歩さんのその他の作品

10歳までに読みたい日本名作(7) 少年探偵団 / 100年後も読まれる名作(4) 怪人二十面相と少年探偵団 / 幽霊塔 / 百年文庫(17) 異 / 文庫版 少年探偵・江戸川乱歩(9) 宇宙怪人 / 文庫版 少年探偵・江戸川乱歩(17) 魔法人形

藤田 新策さんのその他の作品

悪いやつは眠らせない / 文庫版 少年探偵・江戸川乱歩(18) 奇面城の秘密 / 文庫版 少年探偵・江戸川乱歩(6) 地底の魔術王 / 文庫版 少年探偵・江戸川乱歩(7) 透明怪人 / 文庫版 少年探偵・江戸川乱歩(12) 海底の魔術師 / 文庫版 少年探偵・江戸川乱歩(15) サーカスの怪人



幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

文庫版 少年探偵・江戸川乱歩(14) 魔法博士

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット