もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
人魚のうたがきこえる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

人魚のうたがきこえる

  • 絵本
作: 五十嵐 大介
出版社: イースト・プレス

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「人魚のうたがきこえる」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年05月15日
ISBN: 9784781607757

小学校低学年
29.7×21.0cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

ひとめ見て、ため息が出るような美しい海の中の世界に、あっという間に惹きこまれていくこの絵本。
人魚が住むのは、サンゴにぐるりと守られているラグーンの中。
「きいぃー きゃー」「きゃー ろろろろろろ」
ラグーンの中で人魚はいつも歌いながら暮らしています。
ここで、お姫様のように可愛らしくはかなげな人魚の姿を想像していた方には、少しの違和感が生じるかもしれません。
登場するのは、はかなげでも、きらびやかでもなく、「そこに生きている人魚」の姿。
恵まれた美しく豊かな環境で、海の生き物たちと共に泳ぎ、獲物を狩り、むさぼり食うのです。
「ころころころころ りりるるるる」
真っ暗な闇となる夜には水の中に漂うように眠り、
「かーこーう きぃーゆぅー きゃい きゃいきゃい」
光の差す輝かしい昼間の水の中では、無邪気に遊びまわっているのです。

ある日、人魚達はラグーンの外へ出て行きます。
そこは外海、見渡す限りの深い青、見たことのない美しく新しい世界が広がっています。
ところが、外の世界には恐ろしく危険な世界でもあり…。
巨大生物に襲われ逃げまどいながら、ラグーンへ逃げもどる人魚達。やっぱり住むべきところはラグーンなのです。
でも、それでも外の世界をまっすぐに見つめ続ける人魚の姿がいっぴき。彼女はいったいどうなったのでしょう…。

海の中を生きる自然、生物たちの、あまりにも美しくあまりにも厳しいその世界に、衝撃を受ける子どもたちも少なくないのかもしれません。でもそれは悪い衝撃ではないはずなのです。自然の、生物たちの本質を、本能で受け止めているはずなのです。
『海獣の子供』『魔女』『リトルフォレスト』などで人気を集める漫画家、五十嵐大介さんの渾身の絵本デビュー作。
その話題性をはるかに超える存在感のある作品が登場しました。
いつかどこかの海の中で、一度でもいいから歌声を聞いてみたいものです。
「きゃー るるるる…」

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

人魚のうたがきこえる

出版社からの紹介

サンゴにぐるりとまもられたラグーンの中、人魚はいつも歌いながら暮らしている。ある日、ラグーンの外、外海へ出てみた。そこは深い青の広く美しい世界。新しい世界に人魚達は喜び歌い踊る。しかし、外の世界は一方で危険な世界でもあった。巨大生物に襲われ逃げまどい、人魚達はラグーンの中へ逃げ帰る。しかし、それでも外の世界を見つめ続ける1匹の人魚が。『海獣の子供』『魔女』『リトルフォレスト』などで人気を集める漫画家、五十嵐大介の初絵本。自然、生きものの本質を捉えて描かれた渾身の1作。

ベストレビュー

ラグーンの外の世界へ・・・・・・

全ページ試し読みで読みました。

サンゴにぐるりと守られたラグーンの中で、安心していられるから

人魚たちは、歌を歌って暮らせるのに、ラグーンの外の世界へ

飛び出していった人魚がどうなったのか気になりました・・・・・

見渡す限りの青の広い新しい世界へと飛び出していった人魚は、

人間に恋をしていたらいいなあと勝手に考えたい私です。

マリーンブルーの美しい世界に魅入ってしまいました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


五十嵐 大介さんのその他の作品

ディザインズ(5) / ねこの小児科医ローベルト / 天と地の方程式(2) / 天と地の方程式(1) / スウィング! / ポプラ文庫ピュアフル 悦楽の園(下)


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 人魚のうたがきこえる

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

人魚のうたがきこえる

みんなの声(12人)

絵本の評価(3.85

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット