季節
ゆき ふふふ

ゆき ふふふ(くもん出版)

真っ白な美しい世界を体で感じ、おもいっきり雪あそびをしたくなる絵本です。

  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
もうすぐ飛べる!

もうすぐ飛べる!

  • 児童書
作: 越水利江子
絵: 津田真帆
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,362

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「もうすぐ飛べる!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2000年07月
ISBN: 9784477011356

中学年〜高学年向

出版社からの紹介

いじめにあってもクラスにひとり、心の通う友だちがいればがんばれる。いじめでしずむ春海も、青木君の支えで立ち上がる勇気が……。
クラス中のいじめにあった少女。真実をもとにした物語。

ベストレビュー

いじめは戦争への道

このお話は25年も続いた『あかさか新聞』という小学校の学級新聞から生まれたそうです。
「いじめ」のきっかっけは、きっとこんな些細なことから始まってしまうのかもしれませんね
本当に苦しんでいる子供は、親にも先生にも相談できない心境であることが、このお話を読んで伝わってきます
大人たちはそんな子供の気持ちに、まったく気づいてあげることが出来ないのでしょうか・・・・
今はテレビやニュースで「いじめ」が「自殺」に結びついて報道されていますが、「自殺」に追い込むまで気づかないことが残念でたまりません
主人公の春海は自分の姿を、巣から落ちたゴイサギのヒナに重ね合わせ自力で羽ばたいていこうとする強い姿を見せてくれます
その陰には、たった一人、自分を認めてくれた友人の存在がありました
ポイントはここでしょうか・・・・
本書の末尾に『あかさか新聞』発行人の赤坂さんの「いじめは戦争への道」という言葉が深く心に残りました
(風の秋桜さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


越水 利江子さんのその他の作品

波乱に満ちておもしろい! ストーリーで楽しむ伝記 土方歳三 / 義経千本桜 / 100年後も読まれる名作(9) 若草物語  / ガラスの梨 ちいやんの戦争 / やさしく読める ビジュアル伝記 ベートーベン / 10歳までに読みたい日本名作(10) 東海道中膝栗毛

津田真帆さんのその他の作品

巨男の話 / 世界の食生活と栄養 / 泣いた牛 / あかちゃんがいるの! / 四季のえほん あきですよ / わたしのあかちゃん



食品ロスについて知る入口となる絵本  『ほうれんそうカレー ききいっぱつ!』田中六大さん&入馬さん兄弟インタビュー

もうすぐ飛べる!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット