新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
偽りの支配者 ミヤマ物語第3部

偽りの支配者 ミヤマ物語第3部

  • 児童書
文: あさの あつこ
出版社: 毎日新聞社

本体価格: ¥1,400 +税

「偽りの支配者 ミヤマ物語第3部」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2013年01月
ISBN: 9784620107875

内容紹介

ハギとめぐりあい、透流は様々なことを知った…。散りばめられた謎が、いよいよ明らかに。固い友情で結ばれたハギと透流の運命は。ウンヌの支配者“ミドさま”の正体とは。全3部作ついに完結。

ベストレビュー

やっと完結編です!

楽しみにしていたあさのあつこさんのシリーズもので、子ども向け(でいいと思うのですが)の異界ファンタジー物です。

作者自身が後書きにも書いていましたが、第1部が出てから、この第3部が刊行されるまでになんと4年もの歳月が流れていました。
待っている身としては長かったです。

描かれている世界はわりとよくあるパターンでしたが、
あさのあつこさんらしい、読者を惹きつけるテンポのいい文章で、読めば読むほど物語の中に引き込まれました。

人間の男の子『透流(トオル)』、ウンヌの世界のクサジという低い身分の『ハギ』、ロウロウという身分の若い兵士『カクテ』やその上司の『ジュゲ』、女官の『ホウラン』など、登場人物たち一人一人に確固たる生き様が見えて面白かったです。

残念なのはラストシーン。
時間やページ数の都合なのか、ちょっとトントン拍子に早く描かれ過ぎていて、それまでゆったり進んでいたこの世界の時間から、いきなり切り離されたような気分になってしまいました。

けれども物語としてはとても良質で、本が好きなお子さんなら、小学校4年生くらいから十分に理解して、楽しめる内容だと感じました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あさの あつこさんのその他の作品

藍の夜明け 3 / いただきます。ごちそうさま。 / 藤色の記憶 2 / えにし屋春秋 / 地に滾る / ハリネズミは月を見上げる


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > 偽りの支配者 ミヤマ物語第3部

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

偽りの支配者 ミヤマ物語第3部

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット