まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
サーカスのあかちゃんぞう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サーカスのあかちゃんぞう

  • 絵本
作: モード・ピーターシャム ミスカ・ピーターシャム
訳: こみや ゆう
出版社: 長崎出版

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「サーカスのあかちゃんぞう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年04月
ISBN: 9784860955564

AB変/上製/32P

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ピエロのゾンビさん一家が行儀良くご飯を食べるのを見て、感心したぞうのおかあさん。ある日、ゾンビさんのテントへ忍び込み、あかちゃんぞうにもゾンビさんたちのようにご飯を食べさせようとしますが…。ほほえましい親子の愛情が描かれた一冊です。

サーカスのあかちゃんぞう

ベストレビュー

なんでもやらせたがるおかあさんぞう

サーカスのパレードで疲れたあかちゃんぞうに、お母さん象は長い鼻であかちゃんぞうを抱えて歩くのは大変そうでしたが、やっぱり人間のおかあさんと一緒だなあと思いました。仲良しのピエロのゾンビさん一家の食事風景にすっかり感心したお母さん像のとった行動が、やっぱりお行儀よくして食べるのを真似させたかった気持ちは、わかるので滑稽だけど”やっぱり、象なんですからね”と自覚できたからよかったです。あかちゃんぞうは、なんでもお母さんの言うことを頑張ってみるのも人間と一緒だなあとおもいました。(笑)
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ミスカ・ピーターシャムさんのその他の作品

あかいくるまのついたはこ / けしつぶクッキーとアンドルーシク

こみや ゆうさんのその他の作品

4さいのこどもって、なにがすき? / おばけのジョージー とびだした けいとだま / しばふって、いいな! / みずたまり / おばけのジョージー こまどりをたすける / ねこのオーランドー よるのおでかけ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > サーカスのあかちゃんぞう

西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

サーカスのあかちゃんぞう

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット