話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

21世紀版少年少女世界文学館(17) ああ無情

21世紀版少年少女世界文学館(17) ああ無情

  • 児童書
著者: ビクトル・ユーゴー
翻訳: 塚原 亮一
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2011年01月
ISBN: 9784062835671

四六判
302ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

悲惨な運命と不屈に闘う男の感動のドラマ
「これはおどろいた。前科者を泊めてくださるとは!」偉大な司教の愛が、ジャン=バルジャンを救った。
冒険、正義、愛情、涙と笑い――世界の名作にドキドキ、ワクワク

この物語(原題「レ=ミゼラブル」)は、19世紀前半のフランスが舞台の作品です。作者ビクトル=ユーゴーは、フランス革命以来の伝統である自由主義を踏みにじろうとするルイ=ナポレオンに反対して、19年間も国外に追放されていましたが、この間に数多くの作品を発表しました。5年の年月をかけて1862年に完成した、この作品もその1つです。発表以来、この物語は広く世界じゅうの人々に深い感動を与えてきました。それは、作者の創造した2人の中心人物――ジャン=バルジャンとミリエル司教の愛と正義、それらを実現するための勇気ある行動を通して、私たちに人間の理想を示しているからです。

世界中で少年少女に愛されている文学作品は、21世紀の日本の子どもたちに、国際人として欠かせない教養をもたらします。楽しく読みながら世界各国の歴史や文化も学べる、興奮と感動の「世界文学全集」の決定版です。

ベストレビュー

これは人生の奥深さをつくづく感じさせてくれます

私がこのお話を読んだのは小学生時代です。その後、このお話は飽きるほど読みました。最近、この本を読んで、とても感動しました。これは人生の奥深さをつくづく感じさせてくれるからです。このお話はジャン・バルジャンの苦難にみちた更生を軸に様々な状況でのあらゆる階層の人々を見事に描いています。私はこのお話の映画も大好きで、DVDで1000回以上観ています。このお話はほんとに素晴らしいと思います。
(水口栄一さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • た

     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    たがやす、たねまく、たちまちめがでた!「た」で始まる言葉だけで描く田んぼのこと、命のこと。

ビクトル・ユーゴーさんのその他の作品

レ・ミゼラブル 前編

塚原 亮一さんのその他の作品

こども世界名作童話(11) ねむりの森のひめ


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 外国文学小説 > 21世紀版少年少女世界文学館(17) ああ無情

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

21世紀版少年少女世界文学館(17) ああ無情

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット