新刊
まんぷくよこちょう

まんぷくよこちょう(文溪堂)

おいしい食べ物、おしゃべり、ふくびき、商店街の魅力満載!

  • ためしよみ
おおきなおひめさま

おおきなおひめさま

  • 絵本
作: 三浦 太郎
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2013年06月12日
ISBN: 9784033321608

3歳から
31.0×18.0cm
34ページ
関連書籍
ちいさなおうさま

この作品が含まれるテーマ

みどころ

むかしむかし、ある国の王さまの夢に、神様の使いが現れて言いました。
「おまえに むすめを さずけよう。
だが、ひめには まほうが かかっている。
そのまほうが とけなければ、このくには ほろびてしまうだろう」

夢から覚めて、庭に行った王さまは、
葉っぱの上の、ちいさなおひめさまと出会います。
おひめさまをお城に連れていき、お妃様と一緒に大切に育てますが、
ちいさなおひめさまはどんどんどんどん大きくなり、
とうとう、お城で一番高い塔を「ドッカーン!」と突き破ってしまうのです。
おひめさまに掛けられた呪いを解く方法とは?
おひめさまは元の大きさに戻ることができるのでしょうか…。

『ちいさなおうさま』を読んだ方は気づかれたかと思いますが、
この『おおきなおひめさま』は、『ちいさなおうさま』の続編…というよりも、
スピンオフ的な作品。
王さまの寂しさを癒してくれたおひめさまに、こんな過去があったなんて…とビックリする方も多いのではないでしょうか?
『おおきなおひめさま』1冊でも楽しめますが、『ちいさなおうさま』と一緒に読むと、より一層おはなしの世界に入っていけると思います。


(木村春子  絵本ナビライター)

おおきなおひめさま

出版社からの紹介

『ちいさなおうさま』にでてくるおひめさまのお話し

小さかったお姫さまがあっというまに大きくなり、お城の塔にも入りきらなくて……どうしましょう! シンプルであざやかな絵本。

ベストレビュー

大切にしたい絵本

以前発売された『ちいさなおうさま』に出てくるお姫様のお話。
1ページごとにデザインされた素敵な絵本。
コラージュあり、仕掛けありで、お話も意外性があってとても楽しいです。
縦長の変形型で『ちいさなおうさま』と『おおきなおひめさま』を対にして読むとより深く楽しめると思います。

(ふりかけごはんさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


三浦 太郎さんのその他の作品

サンタさんのおとしもの / ぼうしかぶって / おふろにはいろ / ジャングルジムをつくろう! / おうさまのこどもたち / 図書・図書館史 図書館発展の来し方から見えてくるもの



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

おおきなおひめさま

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット