宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ともだちは なきむしなこいぬ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ともだちは なきむしなこいぬ

  • 児童書
作: 上条 さなえ
絵: いとう みき
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年11月
ISBN: 9784323072555

低学年向き
A5判
96ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ママに あいたい!
なきむしなこいぬと ほんとはなきむしな女の子のおはなし
心あたたまる友情ストーリ!

こいぬのレオンは、ママと離れてひとりぼっち。それなのに、なごみちゃんは「なきむし二ほんせん」なんてよんで、仲良くしません。でも、ある夜、レオンはなごみちゃんが泣いているのをみつけます。ゆっくりと二人の距離が近づいていきます。

ベストレビュー

少女と犬の友情

年長の息子が非常に気に入って何度も読み返しています。
なごみちゃんのお家にもらわれてきた子犬のレオン。レオンはなごみちゃんが苦手。ちょっとバカにするような事を言われちゃうから。
そんな1人と一匹が大切な友達になっていくまで、というほのぼの系です。
女の子にも男の子にもオススメです。
(lunaさん 30代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


上条 さなえさんのその他の作品

しあわせラ−メン、めしあがれ! / 玉子の卵焼き / キャラメルの木 / 保健室のクッキー / ゆうきだよねパンダうさぎ / スーパー・ガールいちごちゃん

いとう みきさんのその他の作品

紙芝居 いちばんは だれのしっぽ? / かばくん できるかな? / まえばちゃん / かばくん いま なんじ? / 紙芝居 きれいになあれシュッシュッシュッ / まほうのゆうびんポスト



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

ともだちは なきむしなこいぬ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット