ぽっちゃりマン ぽっちゃりマン
作: のぶみ  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
決してたたかわない新ヒーロー、その名は「ぽっちゃりマン」!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ロシア民話  うさぎのいえ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ロシア民話 うさぎのいえ

  • 絵本
絵: エウゲーニー・M・ラチョフ
監訳: 牧野原 羊子
出版社: カランダーシ出版

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年05月25日
ISBN: 9784990703202

28×23cm 16ページ ハードカバー

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

◆じっくり読んだら、劇遊び!!◆

きつねに家を取られたうさぎを助けようと、犬、狼、熊たちが次々と登場。でも、きつねを追い出せたのは…。一番小さな雄鶏の勝利が印象的なロシアで昔から親しまれているお話です。じっくり読んだら、次は劇遊びをしても楽しいですね。

ロシアだけでなく、世界中で愛され続けている動物挿絵画家ラチョフ。この絵本の中でも人間の洋服をきた動物たちが表情豊かに描かれ、ロシアの昔話の世界をいきいきと魅力的に伝えています。ラチョフ画でこのお話の単独絵本化は世界で初めてです。

エフゲニー・ミハイロビチ・ラチョフ(1906〜1997)
幼児期はシベリアのバラビンスカヤ草原狩猟地の自然の中で動物たちと親しみながら過ごす。1924年に美術師範学校に入学し、本格的に絵の勉強を始める。さらに1928年からキエフ美術大学デザイン学部にて学び、在学中から挿絵画家として活動を開始。その後キエフの出版所につとめ子どもたちのための作品活動を始める。ライプツィヒ国際図書展銀メダル、ロシア連邦共和国人民芸術家など国内外で多数の賞を受賞。

ベストレビュー

おおかみよりも強いきつね

同じロシア昔話で、同一タイトルの「うさぎのいえ」(内田莉莎子再話 )を先に読んだのですが、話の違いに驚いてしまいました。
きっと元々は同じ話だったとも思えるので、伝承によって様変わりする事例なのでしょうか。
きつねに家を取られてしまったうさぎさんを、犬やおおかみやくまが取り返そうとするのですが、きつねの言葉に退散してしまいます。
どう考えてもきつねよりも強い動物が、言葉だけで腰が引けてしまうのが不思議です。
最後のおんどりにいたっては、武器を持ってきつねを退治するのが意外でした。
絵が擬人化されているので、もっと深い意味合いがあるのでしょうか。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エウゲーニー・M・ラチョフさんのその他の作品

てぶくろ / もりのようふくや / 英日CD付 英語絵本 てぶくろ THE MITTEN / てぶくろ / マーシャとくま



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

ロシア民話 うさぎのいえ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット