話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
おいしいぼうし
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

おいしいぼうし

  • 絵本
作: シゲタサヤカ
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,210

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2013年05月01日
ISBN: 9784774612744

4・5歳から
26.4×19.0cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

まず気になるのは表紙の絵。
丸くて、茶色くて、うっすら透けているこの不思議なもの。
これが、ある朝おじいさんとおばあさんの家の前の木に、引っかかっていたのです。
一体なんなのでしょう。
さわってみればペトペトしている、においをかげばちょっぴり甘そうなにおい。
「なあ ばあさん、なめてみようか」
ふたりは、おそるおそるペロリ。
「おい!」「しい!」
おじいさんもおばあさんも我慢できなくなって、ついつい…。

その夜、ふたりを訪れたのは黄色くて、山のかたちをしている美味しそうなあの子。
ふたりは、思わずはっとします。「あれはこの子のぼうしだ」
だけど、体中をプルプルふるわせながら、「ぼうしをなくした」と泣いている子の前で、まさか本当のことを言うわけにはいきません。だってふたりは、あのぼうしをほとんど!?
さあ、どうやってこのピンチを切り抜ける?

美味しそうで、不思議で、すごく可笑しい。
人気作家シゲタサヤカさんが、またまた大笑いできる絵本をつくってくれました!
拾ったもの、それも正体不明なものを食べてしまうなんて…っていう指摘を忘れるほど、その「ぼうし」は魅力的なのです。それはもう、おじいさんもおばあさんもうっとり、うっかりしてしまうはずです。
ふたりの連携プレーの見事さもふくめて、みどころはたくさん。
シゲタさんの魅力がたっぷり満喫できるこのお話、子どもも大人も一緒に楽しんじゃってくださいね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

おいしいぼうし

出版社からの紹介

ある朝、おじいさんとおばあさんの家の前に、
見なれないものが引っかかっていました。
ペトペトしててまーるくて、なんだかうっすら透けています。
ちょっとなめてみたら…「おい!」「しい!」
でもそれは、あの子の大事な大事な“ぼうし”だったのです…。

人気作家シゲタサヤカがおくる、
またまたおいしいユーモア絵本!
待望の新刊です。
ぜひお楽しみください。

ベストレビュー

1年生の教室で読みました

まーるく ひらっべったい こげちゃの物体はいったい何なのか、正体がわかって、おじいさんたちがあわてるところが面白いと思い、1年生のお話会で読みました。

表紙を見せたとたん最前列の女の子が「読んだことある…。プリン…」とつぶやいたので、ネタバレしてしまうとおもしろさが半減するかとヒヤヒヤしながら読みました。

最初のおじいさん、おばあさんのやりとりで笑っていた子供たちは、しだいに話に引き込まれ、シゲタサヤカさんの世界にひたっているようでした。

帽子の持ち主の泣きながらの台詞を、多少早口に読んで6分弱ぐらいでした。
(みいのさん 50代・ママ 男の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


シゲタサヤカさんのその他の作品

クリコ / たべものやさん しりとりたいかい かいさいします / 遊んで学べる 神奈川県民ジモトかるた / カッパも やっぱり キュウリでしょ? / いくらなんでもいくらくん / わりばしワーリーもういいよ



堀内誠一さん生誕90周年連載 50年の時を超えた合作・谷川俊太郎×堀内誠一『ちちんぷいぷい』

おいしいぼうし

みんなの声(47人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット