季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
この まちの どこかに

この まちの どこかに(評論社)

2019年ニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞受賞作!

  • ギフト
  • その他
ゴジラ誕生物語

ゴジラ誕生物語

  • 児童書
作: 山口 理
出版社: 文研出版 文研出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2013年04月
ISBN: 9784580821965

168ページ・A5判

出版社からの紹介

怪獣映画というジャンルを築いた『ゴジラ』その作品の企画から実現にいたるまでの物語を紹介しながら、
ゴジラシリーズ人気の秘密、さらには日本の「戦後」まで解き明かします。

ゴジラ誕生物語

ベストレビュー

なんでいまどきゴジラかな?

千葉県の中学生向け夏の課題図書だそうで、課題図書コーナーから借りました。
ゴジラの原点というか、日本映画のゴジラが完結(?)していて、課題図書?
この夏外国版「ゴジラ」が公開されるそうですが。

ゴジラは水爆実験でよみがえった怪獣であり、核実験反対や戦争反対を背面教師的に作られたアンチヒーローです。
そして、日本映画界の特殊撮影の技術の高さを世界に示した作品。特殊撮影、怪獣映画の原点的な映画でした。

今は、CG(コンピュータ・グラフィック)で簡略された技巧が、ゴジラの第1作の中では、一つ一つがかかわる人間の努力と根気から作り出された、壮大な作業だったのです。

この本は、そのゴジラ作成にかかわった多くの人たちのドキュメンタリーでした。
この部分が課題図書としての選定理由だったのですね。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふきだしのフッキー
    ふきだしのフッキー
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    モノの声を代弁することができるフッキー。「ごめん」が言えないゆうくんのもとへ、フッキーがやってきて…

山口 理さんのその他の作品

おれんち、動物病院 / 妖怪たぬきポンチキン 最強の妖怪あらわる! / 思いちがいの言葉 / あくまで悪魔のアクマント / 心霊スポットへようこそ Wの笑う声 / 時のむこうに いま、ここにいる



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

ゴジラ誕生物語

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット