わたしたちのえほん わたしたちのえほん わたしたちのえほんの試し読みができます!
文: 南谷 佳世 絵: 大畑 いくの  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
交錯する二つの物語。あなたにとっての「わたしたちのえほん」はなんですか?
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
チャーシューの月
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

チャーシューの月

  • 児童書
作: 村中 李衣
絵: 佐藤 真紀子
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年12月
ISBN: 9784338250108

小学5・6年生から
判型/サイズ 四六判
ページ数 222ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

6歳の明希が「あけぼの園」にやってきたのは、うすい雪が舞う2月のはじめだった。春から中学生になる美香の目を通して〈児童養護施設〉で暮らす子どもたちの日々の生活や子どもたちに寄り添う大人の姿が語られる。

ベストレビュー

未来は待つものではなく踏み出すもの

近所に児童養護施設があります。そこの評議員をしています。
あの子この子の顔を目に浮かべながら読みました。

歩んできた道は様々でも
歩いていく道は輝くものになる
どんな道を歩いてきていたって
この先の道はスバラシイものにできる

オトナがオトナの道を歩いて
彼らに胸を張って生きていることを伝えること
オトナが前を向いて歩いている姿を見せること

彼らは自分たちで前を向いている

彼らは歩むべき道をもった人である

そんなことを気づかせてくれた本です

オトナの覚悟を後押ししてくれる本です
(くるしまたろうさん 40代・せんせい 男の子13歳、男の子10歳、男の子8歳、男の子6歳 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


村中 李衣さんのその他の作品

はじめよう! ブックコミュニケーション / あららのはたけ / こくん / いつか、太陽の船 / たなばたのねがいごと / 保育をゆたかに絵本でコミュニケーション

佐藤 真紀子さんのその他の作品

さかな・食べるのだいすき! / ごはんだいすき! / 食物の流通と栄養 / ごきげんな毎日 / いえでででんしゃ、しゅっぱつしんこう! / ぼくたちのだんご山会議



家族旅行じゅんび中のくまくん♪忘れものはないかな?

チャーシューの月

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット