話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
講談社青い鳥文庫 ビート・キッズ Beat Kids

講談社青い鳥文庫 ビート・キッズ Beat Kids

  • 児童書
著者: 風野 潮
画家: 桑原草太
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥620 +税

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2010年08月
ISBN: 9784062851657

小学上級から
サイズ:新書判
ページ数:254

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

俺、花火になりたいねん!
はじけて、光って、響いて、ゆれる。花火みたいなドラムを、たたいていたい!
児童文学賞トリプル受賞のブラスバンド物語

「おまえにはリズム感がある!」呼びだされた音楽室で、いきなり同級生の菅野七生にそういわれた、横山英二。「たたいてみろ。」と渡されたバチで、力まかせに太鼓をたたいた瞬間、英二の中で花火がはじけた! マーチングってなに? ドリルフェスって? 吹奏楽や楽器をよく知らなくても、読んでいるうちにガツンと気持ちが熱くなる、涙あり笑いありの大阪ブラスバンド物語、登場!

ベストレビュー

大阪の中学生のお話です

主人公の英二は、なかば強引に吹奏楽部に勧誘されますが、ドラムの才能を開花させブラスバンドにのめりこんでいきます。
家庭環境には恵まれず、苦労の多い英二ですが、天然ボケの明るいキャラで、大阪の漫才のような場面がたくさんありました。
以前、息子と私が読んで面白かったので、娘にも勧めたところ、すぐに読んでしまいました。
娘は、この青い鳥文庫版のほうが表紙と挿絵が好きだそうです。
まだ青い鳥文庫にはなっていない続編「ビート・キッズU」もお勧めです。
(みいのさん 50代・ママ 男の子17歳、女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


風野 潮さんのその他の作品

講談社青い鳥文庫 氷の上のプリンセス ジュニア編(8) / 講談社青い鳥文庫 氷の上のプリンセス(7) ジュニア編 / 講談社青い鳥文庫 氷の上のプリンセス ジュニア編(6) / 講談社青い鳥文庫 氷の上のプリンセス ジュニア編 (5) / 講談社青い鳥文庫 氷の上のプリンセス ジュニア編4 / 氷の上のプリンセス ジュニア編3.5


絵本ナビホーム > 児童 > 新書 > 日本文学、小説・物語 > 講談社青い鳥文庫 ビート・キッズ Beat Kids

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

講談社青い鳥文庫 ビート・キッズ Beat Kids

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット