あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
はるをはしるえぞしか
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はるをはしるえぞしか

  • 絵本
作: 手島 圭三郎
出版社: 絵本塾出版 絵本塾出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,700 +税

「はるをはしるえぞしか」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年05月24日
ISBN: 9784864840255

31×22cm
32ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


手島圭三郎さんインタビュー 

出版社からの紹介

北海道に生息するえぞしかは、秋にたくさん食べて脂肪を蓄え、食べ物がなくなる冬に備えてます。そんな厳しい冬に群れからはぐれたえぞしかの親子。母じかは子じかを必死に守り、子じかは、母じかから強さを学びながら長い冬を生き抜いていきます。

はるをはしるえぞしか

ベストレビュー

動物たちの現実をありのままに

冬を越すエゾシカ達の姿を描いた絵本です。
美しく力強い版画は、幻想的なようでいて、とてもリアルです。

「たくわえのすくない としよりや
からだのよわいこじかは、はるまでいきられません」

「からすと きつねが あつまってきて、・・・
・・・・えぞしかが しぬのを まっているのです」

読者を子供扱いせず、動物たちの現実をありのままに綴っています。
自然界の厳しさを知る機会はなかなか無いので、
私も、この絵本を読んで初めて知ったことが 沢山ありました。

長い冬を生き抜いたエゾシカたちの姿が、眩しいです。
雪の降る季節に、家族全員で読みたい一冊です。
(なーお00さん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


手島 圭三郎さんのその他の作品

はしれ はるのゆきうさぎ / きたきつねとしろふくろう たすけあう / はまなすのおかのきたきつね  /  しまふくろうとふゆのつき  / えぞふくろう ふぶきをのりこえる  / くまげらのもり



大人気「ちいさなエリオット」シリーズ第三弾は遊園地へ

はるをはしるえぞしか

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット