なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
はじめての旅
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はじめての旅

  • 絵本
文・絵: 木下 晋
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年06月20日
ISBN: 9784834080100

読んであげるなら・ 5・6才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
ページ数:32 /サイズ:24X31cm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

6歳の男の子がある日、お母さんから「いっしょに出かけようか」といわれた。どこへいくかもわからず、お母さんと手をつないで家を出た。そのたどり着いたところは?

ベストレビュー

前へ進むためのたび

家が火事になって、それからは両親が喧嘩するようになって

家を出た母です。6歳になった時に、お父ちゃんの留守に

お母ちゃんが帰ってきて、今までにもちょっと家に帰ってきては

どこかへ行ってしまったが、いつもと違っていた母は、

「母ちゃんと一緒にいくか?」と言われたので、二人でたびに

出ました。行き着いた先には、母が昔好きだった人のお墓参り

でした。きっと、父親とこれから先一緒に生きてゆく為の母親の

強い決心だと思いました。でも、6歳の子供への影響はなかっ

たのでしょうか?自分一人では、行けなかったのでしょうか?

私の心に疑問が投げられました・・・・・・・

母親にとっては、”前へ進むためにたび”だったと、思います。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


木下 晋さんのその他の作品

森のパンダ / ハルばあちゃんの手



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

はじめての旅

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

パパの声 1人

パパの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット