宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
新装版チームシリーズ(1) チームふたり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

新装版チームシリーズ(1) チームふたり

  • 児童書
文: 吉野万理子
絵: 宮尾 和孝
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年05月17日
ISBN: 9784052037849

小学高学年4-6
192頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

卓球部を舞台にした、熱いスポーツ小説、新装版で登場!
卓球部キャプテン大地は、一年年下の純とチームを組むことになり、がっかりする。そんな大地が、さまざまな「事件」を通して、本当の「チーム」のカタチを見つけていく物語。
新装版書き下ろしの短編は、大地の友だちハセッチが、どうしてカットマンになったのかがわかる、スピンオフです。

新装版チームシリーズ(1) チームふたり

ベストレビュー

小学生高学年向き

息子が小学校4年生の春休みに読み始めました。
絵本はよく読むけど文字が多い本には抵抗があったのですが、この本はすんなりと読みだしました。
息子も卓球がすきなので読んでいてカットマンとかそんな言葉を真似していました。
子供が通っている小学校では上下関係がないので、この本から先輩などを意識するようになりました。
ご飯になっても、寝る時間になってもまだ読みたいと夢中になっていました。
ぜひおすすめします。
(こんたこさん 40代・ママ 男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


吉野 万理子さんのその他の作品

部長会議はじまります / 昨日のぼくのパーツ / どうぶつのかぞく ペンギン はらぺこペンギンのぼうけん / 南西の風 やや強く / パイロットのたまご / 青空トランペット

宮尾 和孝さんのその他の作品

教室に幽霊がいる!? / ぼくのつばめ絵日記 / 小学館ジュニア文庫 夢は牛のお医者さん よろこびもかなしみも夢になる。 / ひみつの校庭 / お昼の放送の時間です / 角川つばさ文庫 プレイボール(3) ぼくらのチーム、大ピンチ!



幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

新装版チームシリーズ(1) チームふたり

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット