宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
とびだせ! チンタマン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とびだせ! チンタマン

  • 絵本
作: 板橋雅弘
絵: デハラユキノリ
出版社: TOブックス

本体価格: ¥1,500 +税

「とびだせ! チンタマン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年10月
ISBN: 9784864720588

AB判・上製・40ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

みんな、もっている"アイツ"がせかいをすくうヒーローに!?
パパから子どもへ伝えたい勇気と友情の大切さを描いた絵本

男の子がおちんちんを触るのは、誰でも通る通過点。それは、すくすく育っている証拠。
つい叱ってしまう、親御さんに是非読んでもらいたい一冊です。──児玉光雄(鹿屋体育大学教授)

みんなのヒーロー!
チンタマン!

オシッコするだけの
チンチンとタマタマが
へんしんしたんだ

わるいヤツらをやっつけろ!
たたかえ!
チンタマン!

ベストレビュー

チンチンを触ることを否定しないラスト

なんとなく図書館で見て、チンチンのギャグ絵本も面白いかな、という軽い気持ちで借りてきました。
で、読んでみると意外にも性教育ぽいことにも触れていて、幼い息子さんがオチンチンを触ることを気にしてるお母さんにオススメしたいなと思いました。

私も以前気になった時期はあって、息子にあまり人前で触ったらダメだよ〜くらい言ったらしなくなったということがありました(こっそりしてるかもしれませんけど、見えないところで触るのは私は構わないと思ってる)。
この絵本でも、オチンチンを触るのが好きな男の子が登場しますが、触ることを否定されない内容でした。触っちゃダメなんてことは決してないんですね。
作者さんも成長の証だと仰ってますし。

コミカルで、戦いなど男の子の好む要素てんこ盛りで最後までとっても楽しいお話だったと思います。男の子に是非読んであげてほしい絵本です。
(lunaさん 30代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


板橋 雅弘さんのその他の作品

ノベライズ パパはわるものチャンピオン / ぼくはまいごじゃない / うそつきとどろぼうとせいぎのみかた / パパはわるものチャンピオン / とびだせ!チンタマン 〜こども てんさい きょうしつ〜 / パパのしごとはわるものです

デハラユキノリさんのその他の作品

めんたくんのたんじょうび / 土佐弁*名作昔ばなし ちゅーとにゃーときー / サトシくんとめんたくん / お野菜戦争



老舗のパン工場、バケバケベーカリーの工場見学にきませんか?

とびだせ! チンタマン

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット