話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

図書館に児童室ができた日 〜アン・キャロル・ムーアのものがたり〜

図書館に児童室ができた日 〜アン・キャロル・ムーアのものがたり〜

  • 絵本
作: ジャン・ピンボロー
絵: デビー・アトウェル
訳: 張替 惠子
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2013年08月31日
ISBN: 9784198636579

5歳から
28cm/41ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

19世紀終わりのアメリカ。女性が自分の考えで仕事を選ぶことがめずらしかった時代、小さな町に生まれ育ったアン・キャロル・ムーアは、自分の考えをしっかり持った女の子でした。やがて、ニューヨークで図書館学を学んだのち、ニューヨーク公共図書館の児童室の創設にたずさわり、児童図書館サービスの先駆者のひとりとなります。ひとりの女性の生き方としても興味深いムーアの生涯を通して、図書館児童室の歴史を語る絵本。

ベストレビュー

しっかりした女の子が、子どもたちの幸せを作った

本を愛するすべての人に読んでいただきたい絵本です。

やさしい文章で書かれているのですが、子どもたちが読むのには
少々、根気がいると思います。
お話は実話をもとにして、派手さはないし、ファンタジーでもありません。
しかし、誰もが気軽に本を手にできるようになったのは、この絵本に出てくるような先駆的な、しっかりした考えをもった女性たちの活躍があればこそ。

全ての図書館を愛する人に知っていただきたいお話です。
昔は子どもたちは図書館に入れなかったとか、児童向けの本は少なかった上、気軽に手にとれなかった(本棚にカギがかかっていた)とか、
今では考えられない事が普通だった時代。

女の人が職業を持って自立するのが珍しかった時代。
そんな時代に、新しい考え方を広めていった人があった。
絵本にはえがかれていないけど、反対する人もあっただろうし、
古い考え方を変えていく仕事は、そうとう大変だったのではないか?と思います。
絵本の余白の部分に、そのような空想を描きながら、ゆっくり味わいましょう。
時代を切り開いて行った勇敢な女性の姿に励まされます。
清々しく、強くしなやかな素敵な女性の先輩として、尊敬します。

この人がいたおかげで、私も子どもの頃から図書館に親しめたと思うと、
感無量です。

子どもが読んでもいい本ですが、大人が読んでも素晴らしい。ぜひ、おすすめします。
(渡辺諦さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


張替 惠子さんのその他の作品

黒ネコジェニーのおはなし(3) ジェニーときょうだい / 黒ネコジェニーのおはなし(2) ジェニーのぼうけん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > 図書館に児童室ができた日 〜アン・キャロル・ムーアのものがたり〜

 【連載】10月の注目の新刊&オススメ絵本紹介

図書館に児童室ができた日 〜アン・キャロル・ムーアのものがたり〜

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット