うまはかける うまはかける うまはかけるの試し読みができます!
文: 内田 麟太郎 絵: 山村 浩二  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ナンセンス絵本の決定版!
ヒラP21さん 60代・パパ

いろんな「かける」
「うまは駆ける」、「うま歯欠ける」と言…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
さいこうのスパイス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さいこうのスパイス

  • 児童書
作・絵: 亀岡 亜希子
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年08月01日
ISBN: 9784569783406

小学1〜3年生
A5判上製 79ページ

出版社からの紹介

どんな料理を食べても「まずい」というリスのぼっちゃん。そんなぼっちゃんにおいしく料理を食べてほしいと願うリスの執事は、町で人気のカフェを訪ねました。そして、シェフであるオオカミに頼んで、ぼっちゃんのためにおいしい料理を作ってもらうことになりました。

さっそく、ぼっちゃんは、オオカミシェフの自信作を食べてみますが……、「まずい」の一言しか言いません。ショックを受けたオオカミは、どんな料理もおいしくなるという、まぼろしの草を取りに山へ登ることにしました。ところが、途中で岩から落ちてしまい、友達のクマに助けられます。弱っているオオカミのために、クマが出してくれたおいしい料理に感激したオオカミは、そこで大切なことに気づき……。

おいしい料理を作るための本当のかくし味とは? 心を通わせて、みんなで楽しく食事をすることの大切さが伝わります。

優しい文章とパステルの美しいイラストが魅力の幼年童話。

さいこうのスパイス

さいこうのスパイス

ベストレビュー

ぼっちゃんは幸せ

まずは、執事さんがとても心の優しい方なのだろうなというのがとても伝わってきました。
そうでなければ、何を食べても「まずい」というぼっちゃんの為に、
美味しいものを食べてもらいたい!と奔走する訳がありません。

それに、ぼっちゃんの食事の様子で、「本当は美味しかったと思っているに違いない」というのまで分かってしまうなんて、
本当にぼっちゃんのことを考えてあげているのだと分かります。

一方おおかみさんはちょっぴり意地になってしまっていましたが、
最後にはぼっちゃんの心を分かってあげることの出来て、やはり優しくて素敵だなと思いました。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


亀岡 亜希子さんのその他の作品

ホテルやまのなか小学校 / わすれものをとどけに / あしたもきっとチョウ日和 / ネルとマリのたからもの / どんぐりのき / 村の小さな糸やさん



みごたえ満点!船の断面図絵本『ペンギンクルーズ』のはなはるかさんインタビュー

さいこうのスパイス

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット