アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
きいてるかい オルタ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きいてるかい オルタ

  • 絵本
作: 中川洋典
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年09月24日
ISBN: 9784494025626

小学校低学年〜
26.6×19.1cm 32ページ

みどころ

ぼくは、オルタにいつも問いかける。
ヤゴはトンボにかわるだろ。サナギはチョウにかわるし、オタマジャクシはカエルにかわるんだ。
でも、こんなぼくは「かわる」ことってできるんだろうか。

主人公のぼくは、小学生。
体が小さくて運動も苦手。部屋の中でサッカー選手を模した手作りの紙ねんど人形「オルタ」に話しかけてるような内気な男の子。でもね、新しい学年になればさ、新しいクラスに新しい先生。過去の自分を誰も知らない新しい世界が待ってるんだ。
そしたらさ、ちょっと頑張って勇気を出せば、ちょっと「かわる!」って自分の心に言い聞かせれば、ぼくだってぼくだって、本当の新しい自分になれるんじゃないか?ある時、お守りのようにポケットに忍ばせていた「オルタ」の力に頼らず、ぼくは新しい自分になることができたんだ。

子どもの単純なようでとても複雑な心の動きを見事に捉え、色鮮やかな色彩と躍動感あふれるダイナミックな絵で綴るのは、絵本作家の中川洋典さん。その切ない胸の痛みは、大人が読んでもキリリと心に沁みるのです。この絵本は、「かわりたい」と思っている子ども達、そんな子ども達を応援したいと思っている大人たちの応援歌に必ずなってくれることでしょう。

(富田直美  絵本ナビ編集部)

きいてるかい オルタ

出版社からの紹介

オルタはぼくのあいぼう。大好きなサッカー選手をひとりにあつめて作った紙粘土の人形だ。「オールスター」を短くして、オルタ。ぼくは体が小さくて、食べ物の好ききらいも多い。外で遊ぶより、家の中でオルタと遊ぶほうが好きだ。でも、新しいクラスの先生が「みんな、どんどんかわりましょう!」って。ぼく、かわりたいな、かわれるかな…。「変わりたい」と心の底から強く願う気持ちがあれば、じぶんの意志で変わることができる、そんなメッセージがこめられた1冊。

ベストレビュー

勇気や元気が出てくる

読んでいて、勇気や元気が出てくる絵本でした。
読後感がよく、子どもたちもうれしそうな顔をしていました。

息子たちも(もちろん、私も)ぼくほどじゃないとしても、
きっとドキドキしたり、苦手なこともあり、
嫌だなあと思うこともあると思いますが、
こんな風にお守りが愚痴を聞いてくれ、
勇気をくれたら素敵でしょうね。

オルタ(お守り)の力もあるかと思いますが、
やはり、ぼくの気持ちの持ちようと、
ちょっとした奇跡や偶然をうまく利用しながら
自分をよりいいほうに変えていけるといいですね。
(まことあつさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中川洋典さんのその他の作品

ミカちゃんのひだりて / イチからつくる カレーライス / あつくて あつくて / だから走るんだ / そらからかいじゅうがふってきた / デデとひこうき


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > きいてるかい オルタ

ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

きいてるかい オルタ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット