季節
ゆき ふふふ

ゆき ふふふ(くもん出版)

真っ白な美しい世界を体で感じ、おもいっきり雪あそびをしたくなる絵本です。

  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

よかたい先生 水俣から世界を見続けた医師 原田正純

よかたい先生 水俣から世界を見続けた医師 原田正純

  • 児童書
作・絵: 三枝 三七子
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2013年08月11日
ISBN: 9784052038266

小学高学年
A5 136頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「公害の原点」と呼ばれる水俣病事件から50年もの間、患者の側に立ち続けた医師、原田正純。世界のあちこちで公害病の人たちを診察し、水俣から社会のひずみを訴え続けた。原発事故後の今、過去を知り、未来に活かすことの大切さを伝える。

ベストレビュー

ヘビーな内容なのに温かい雰囲気

高学年の子にノンフィクションを勧めてみたいと思い、読んでみました。

このノンフィクションを書いたのは、三枝三七子さんは、この本を書くまでは水俣病についてよく知らない方だったのですが、水俣病のことを本にしてほしいと言われ、この本を書くことになりました。

水俣病のことをよく知らない自分が、水俣病のことを語っていいのか・・・という筆者の葛藤と、原田先生の発言がマッチしており、原田先生の医師としての活動も素晴らしいのですが、筆者の伝えていく姿勢が、読み手の立場と重なり、強く共感できました。また、原田先生の人柄もとてもよく伝わってきます。

水俣病の名前は四台公害病として知っているけれど、患者や医師の目線で書かれた本を読んだことがなかったので、今もこんな風に苦しんでいる人がいること、つらい思いをするのは、いつも弱い人であることをズバッと指摘しているところは、東日本大震災と重なるものがありました。

子供向けに書かれた本で、こうした本音をズバッと書いてくれる本は嬉しいものです。学校で習ったことや、大人が言っていることが正しいとは限らないことを子供たちに知ってほしいので・・・

この本は、小学校高学年だけでなく、中学生にも読んでほしいです。
本の副題を見ると、読むのを躊躇してしまいそうですが、筆者の絵のあたたかさが、福田先生とマッチしています。挿絵が意外と多いのもいいです。カラーなのも素敵ですね!

親子で読んで、話し合ってみるのも素敵です。クラスのみんなで読んで、話し合うのもいいですね。読んでいて、すごく考えさせられます。

お医者さんを目指す人には、老若男女問わずに読んでほしい一冊です。
(MAYUCLUBさん 40代・ママ 男の子11歳、女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


三枝 三七子さんのその他の作品

改訂復刻版 みなまたの木 / ワルルルさん / くだもの / やさい / ぽっかぽかのおまじない / ぺったん! やさいスタンプ


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、小説・物語 > よかたい先生 水俣から世界を見続けた医師 原田正純

堀内誠一さん生誕90周年連載 50年の時を超えた合作・谷川俊太郎×堀内誠一『ちちんぷいぷい』

よかたい先生 水俣から世界を見続けた医師 原田正純

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット