となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
おつきさんのぼうし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おつきさんのぼうし

  • 絵本
文: 高木 さんご
絵: 黒井 健
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年10月17日
ISBN: 9784061325531

3歳から
AB版 32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

ふと夜空を見上げると、そこには黄色いまんまるのお月さんが今夜も大きく浮かんでいます。
優しい月明かりが照らす丘の上には、評判のぼうしやさんが一軒。
このぼうしやさん、どんなに難しいぼうしの注文があっても必ずその人にぴったりのぼうしを作ってくれるのです。それが、たとえ魔女の親子のとんがりぼうしや荒波の航海にもへっちゃらな海賊船長のぼうし、ましてやハトやウサギを一瞬で消してしまう手品師のシルクハットだったとしてもね。

そんな様子をみていたお月さんは、ある晩おじいさんに自分用のぼうしを3種類オーダーします。
お月さんがかぶれるくらい巨大なぼうし!?
さすがのぼうしやさんもそんな大きなぼうしは今まで作ったことはないはず。果たして、お月さんの望みどおりのぼうしを作ることができるのかしら。そしてもし、お空のお月さんが自分のぼうしをかぶることがあったとしたら、地上にいる私たちには一体どんな風に見えるのでしょう?

私たちがいつも見上げる夜空のお月様。子どものころ不思議でしかたがなかった、どこまでも追いかけてくる大きなお月様。私たちの夜に彩りを添えてくれるその美しい姿から絵本作家の高木さんごさんと黒井健さんは、月の満ち欠けに纏わるとても優しいファンタジックな物語を創造されました。もしお月様が、お空でこんなお洒落を楽しんでいたのならそれはうっとりするような素敵な光景ですよね。

今晩のお月様は一体どんなぼうしをかぶっているのかしら。

(富田直美  絵本ナビ編集部)

おつきさんのぼうし

出版社からの紹介

夜にきこえてくるのは、ぼうしやさんのミシンのおと。おつきさんがぼうしやのおじいさんにたのんで作ってもらった3つのぼうしとは?

ベストレビュー

ほっこり

ぼうしをかぶりたがるおつきさんが、なんともほほえましいです。そして、すてきなラストには、こちらもにっこり。
黒井さんの絵が、本当にすてき。やさしくて、幻想的で。部屋にかざっておきたい場面がいくつもあります。
月をみあげては、このお話を思い出して、ほっこりしそうです。
(あんじゅじゅさん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 透明くれよん10色
    透明くれよん10色
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★スルスル描ける新感覚クレヨン★     水彩えのぐみたいに下絵が透けて見える!

高木 さんごさんのその他の作品

ぱん ぱか ぱん / じゃんけんでんしゃ / つきをあらいに / テレビごっこ / しろくもちゃん / ぱんぱんぱんつ

黒井 健さんのその他の作品

紙芝居 だっこ だっこ / みどりのはしご / あきいろのころわん / おつきみ / アンティーク・シオンの小さなきせき / ありがとうの道



しかけをめくると、大へんしん! 『ドアをあけたら』しまだともみさんインタビュー

おつきさんのぼうし

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット