もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
しろうさぎとりんごの木
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しろうさぎとりんごの木

  • 絵本
作: 石井 睦美
絵: 酒井 駒子
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2013年10月10日
ISBN: 9784799900130

関連するスペシャルコンテンツ


絵本にちなんだおいしいレシピ グランプリ発表!


石井睦美さん、酒井駒子さんにインタビューしました!


石井睦美さん×酒井駒子さん 往復書簡

みどころ

森の中の小さな家で生まれたしろうさぎの子。
小さな家でしたけれど、しろうさぎの必要なものは何でもそろっています。
大好きなおとうさん、おかあさん。手作りのベッドやくろうさぎのぬいぐるみ。
玄関だってちゃんとあるし、庭には家族にちょうどいい大きさのリンゴの木もあります。

まだ小さなしろうさぎには知らないことがたくさんあります。
ジャムやコンポート、りんごの実のことだって知りません。
おとうさんやおかあさんにほめられればすごく嬉しいし、明日がくるのが楽しみで眠れなくなったりもします。
しろうさぎはとても幸せなのです。

ある日、しろうさぎはりんごをかじってみたくて、一人で庭の木の下までお出かけをします。
そこでしろうさぎがかじったのは・・・!?

石井睦美さんの優しいリズムの文章と、酒井駒子さんの力強く、でも本当に可愛らしい絵がしっくりと組み合わさって完成したこの一冊。小さなうさぎの、小さな幸せが描かれています。
どのページを読んでいても、どこかくすぐったくなるような、甘くて懐かしい気持ちが心の中に生まれてきます。
しろうさぎが大事に守られながら、少しずつ外の世界に出会っていく様子がとても嬉しくなるのです。

りんごの実がなる秋を、何の心配もせずゆっくりと待つうさぎの親子。
私たちもこの絵本を、いそがずにゆったりじっくりと、味わいながら読むことにしましょう。
しろうさぎがお布団の中に入っている姿、口のまわりをジャムだらけにしている姿、おかあさんにだっこされている姿。
見ているだけでもたまらない場面が続くことは言うまでもありませんね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

しろうさぎは もりのなかの ちいさないえで うまれました
ちいさないえでしたけれど、しろうさぎに ひつようなものは なんでもそろっていました
だいすきな おとうさんと おかあさん そして……

小さなうさぎの、小さな幸せを描いた絵本。

ベストレビュー

こどもが安心して帰れる場所

「でも、なんにも しんぱいはいりません。
このいえには、しろうさぎにひつようなものは
ぜんぶそろっているからです。
だいすきなおかあさんもおとうさんも、あかいクレヨンも。」

しろうさぎが、いつか大きくなって外の世界に出ていっても、
この家で愛されて育った、その記憶が
彼女を支え続けるんだろうな...

よく、「自己肯定感」という言葉がいわれますが、
わが家もそんなあたたかい場所を、めざさなくっちゃ!
子どもに聞かせるより、ママにまず楽しんでもらいたい一冊です。

しろうさぎの、いかにもこどもらしい勘違いが
かわいいったら、ありません。
あるよね〜。あるある。
(ミドリムシ917さん 40代・ママ 女の子17歳、女の子13歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。

石井 睦美さんのその他の作品

つくえの下のとおい国 / 月まつりのおくりもの / ゆめみるじかんよこどもたち / ビアトリクス・ポターとかわいそうなテンジクネズミのはなし / ちいさなオレグ / 世界でいちばんすばらしいもの

酒井 駒子さんのその他の作品

森のノート / カーネーション / 犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと / マルの背中 / 子どもの自分に会う魔法 大人になってから読む児童文学 / なきむしこぞう



「観察が楽しくなる美しいイラスト自然図鑑」シリーズ 編集者インタビュー

しろうさぎとりんごの木

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.8

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット