新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
おはなしのろうそく(25)

おはなしのろうそく(25)

  • 児童書
編: 東京子ども図書館
挿絵: 大社 玲子
出版社: 東京子ども図書館

本体価格: ¥500 +税

「おはなしのろうそく(25)」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

ISBN: 9784885691249

A6判 /48ページ

出版社からの紹介

てのひらにのる小さなお話集です。幼児から小学校中・高学年までたのしめる日本や外国の昔話、創作、わらべうた、指遊びなどを数編ずつ収録。いずれも実際に子どもたちに語った経験をもとに編集しています。1973年刊行開始以来、語りのテキストとして圧倒的な支持を受け、現在までの総発行部数が184万部のロングセラーです。図書館、文庫、幼稚園・学校、家庭などでの読み聞かせにもご利用ください。 お月さまの話/浦島太郎/ブラックさんとブラウンさん/北斗七星/子どもと馬

ベストレビュー

お月様と星座

お月さまの話
月の満ち欠けの由来がおはなしになっています。
高学年や大人のおはなし会で聞きました。
「真珠とダイヤモンドをちりばめた銀の服をきて」「湖にかかった銀色の道をとおって」など、美しい光景が目に浮かぶ文章が素敵です。

ブラックさんとブラウンさん
幼い子どもでも、目を見開いて見入っていました。
親指に、黒と茶のハットをはめてされていました。
戸をあけて出たり、入ったりすると事は、はっきりとした口調で同じテンポでされていたので、聞いていて心地よかったです。

北斗七星
短いおはなしですが、心に残る重厚なおはなしです。
説教くさくないように語るのがいいと思います。
女の子の美しい心が、美しい北斗七星になったのでしょう。
素敵なおはなしです。
(おるがんさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


東京子ども図書館さんのその他の作品

昔話と子どもの空想 / 愛蔵版おはなしのろうそく(11) ティッキ・ピッキ・ブン・ブン / おはなし 聞いて語って――東京子ども図書館 月例お話の会500回記念プログラム集 / おはなしのろうそく(32) / よみきかせのきほん――保育園・幼稚園・学校での実践ガイド(TCLブックレット) / 物語の森へ(児童図書館基本蔵書目録 2)

大社 玲子さんのその他の作品

さくら村は大さわぎ / くろグミ団は名探偵 消えた楽譜 / くろグミ団は名探偵 S博士を追え! / くろグミ団は名探偵 紅サンゴの陰謀 / おはなしのろうそく(31) / にわとり城


絵本ナビホーム > 児童 > 文庫 > 外国文学、その他 > おはなしのろうそく(25)

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

おはなしのろうそく(25)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット