宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ちびはち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちびはち

  • 絵本
作: エドワード・ギブス
訳: 谷川 俊太郎
出版社: 光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年08月
ISBN: 9784895728638

幼児から
210×270mm/31ページ

ちびはち ちびはち なんでにげるの?はらぺこかえるが おってくるから!ジャングルで繰り広げられる、ゆかいな追いかけっこ。みんな逃げてる。でも、何をこわがってるんだろう?言葉のリズムと、繰り返しが楽しい絵本。読み聞かせにぴったり!

ベストレビュー

楽しい積み上げ話でした。

とっても楽しい積み上げ話で、お話が最初と最後でくっついています。
結果が分かっていてもこういう話は面白いです。
本の装丁も遊び心のある楽しい描き方でよかったです。
邦訳が谷川俊太郎さんなのも、この作品の面白さを大きく引き伸ばしているかもしれません。
字も絵も大きくて遠目が利きます。
読み聞かせに使うなら4,5歳くらいから、小学校の高学年でも導入などに使ったら喜ばれるかもしれません。

(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エドワード・ギブスさんのその他の作品

どんぐり

谷川 俊太郎さんのその他の作品

ガンピーさんのサイ / まるのおうさま / あるくくま / アラマせんせいとげんごろう ことばあそびのたび / 講談社文庫 100万分の1回のねこ / あしながおじさん



学校に行きたくない…そんな気持ちのときに読みたい

ちびはち

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット