新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
レントゲン

レントゲン

  • 児童書
著者: 風野 潮
画家: ちゅん子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥950 +税

「レントゲン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2013年10月
ISBN: 9784062694773

四六判 238ページ

出版社からの紹介

僕は、兄が苦手だ。
イヤな奴だからとか、いじめられてるからってわけじゃない。
迷惑かけられてるわけでもないし、一緒にいて恥ずかしいような容姿でもない。
むしろ、その逆。
兄の廉太郎はイイ奴だし、クラスの女子に写真見せたら一二〇パーセント「紹介してっ!」って頼まれるレベルの美形。おまけに背も高い。
性格ものんびりしててやさしくて、たぶん僕が頼めば、自殺する以外のことならなんでもやってくれるんじゃないかと思うくらいの弟思い。
いや、もしかしたら「死んで」って言っても、「別にええよ」って言いそうで怖いくらいで。
だから、冗談でも「死ね」とか言えないんだよな。
ああ、そっか。たぶん、そういうところがイヤでイヤでたまらないんだと思う。
──<本文より>

橘廉太郎と弦次郎は年子で同じ学年の高校一年。
もともと仲が良い兄弟だったはずの二人だが、子どもの頃に二人で一緒に習っていたバイオリンのせいで、少し仲がぎくしゃくしてしまっていた。
バイオリンとクラシック音楽を心から愛する弟の弦次郎よりも何でも軽くこなせてしまう兄の廉太郎のほうがコンクールの成績が良かったからだ。
弦次郎の気持ちを感じて早々にバイオリンをやめた廉太郎は、その後も特に何にも熱くなれるものがなく、モデルのバイトをしてみたり、祖父の経営する病院をつぐために医者になるべく淡々とした学校生活を送っていた。
そんな廉太郎はある日、フラメンコギターに出会い、初めて心を動かされる自分に気がつく。
兄はギター、弟はバイオリン。
『ビート・キッズ』の風野潮氏による、少年たちの音楽青春エンターテインメント小説。

ベストレビュー

兄弟

実の兄弟で双子ではないけど、年子で同じ学年の廉太郎と絃次郎。タイトル「レントゲン」はレンとゲンって意味とは思っていませんでした。
二人各々の視点から書かれていて、どちらの気持ちもわかりやすかったです。
兄弟コンプレックスは大なれ小なれある兄弟が多いと思います。
『クリスタルエッジ』の登場人物たちと被る登場人物たちが出ていて、そちらを読んでいると、「おっ」と思いますねー。主人公は違いますが。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


風野 潮さんのその他の作品

講談社青い鳥文庫 氷の上のプリンセス ジュニア編(8) / 講談社青い鳥文庫 氷の上のプリンセス(7) ジュニア編 / 講談社青い鳥文庫 氷の上のプリンセス ジュニア編(6) / 講談社青い鳥文庫 氷の上のプリンセス ジュニア編 (5) / 講談社青い鳥文庫 氷の上のプリンセス ジュニア編4 / 氷の上のプリンセス ジュニア編3.5



2月の新刊&オススメ絵本情報

レントゲン

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

ママの声 1人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット