新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
新刊
だれかのプレゼント

だれかのプレゼント(文溪堂)

『100にんのサンタクロース』谷口智則さん待望の新作サンタ絵本

お引越し

お引越し

  • 児童書
作: ひこ・田中
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2013年11月15日
ISBN: 9784834080339

小学高学年から
19X13cm 264ページ

出版社からの紹介

優れた観察者の目を持つ、主人公レンコ。80年代京都を舞台に彼女の透徹した眼差しを通して、親の離婚、そして親子の自立を描いた傑作が奈良美智の装画を得て甦ります。

ベストレビュー

離婚を子どもはどう受けとるのだろう

知っている子に、両親の離婚を経験した子を何人か知っています。
姉弟で名字が変わった子、再婚して家を出た母親に新しい子どもが生まれたけれどやっぱり以前のように関わりのある子、自分の名字が変わるのを受けとめるのにこだわりのあった子、等々。
それぞれに親の事情を受けとめる子どもの大変さを感じます。
この物語は、その辺りをアイドルドラマ風に、あっけらかんと描いていて、逆に考えさせられる作品でした。
きっと、父親も母親も娘も、それぞれに自分を生きていくのでしょうね。
意外と身近にある離婚家庭ですが、それぞれにお互いと自分を大切にすることを、シミュレーションして欲しいですね。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    作:やベみつのり 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本
  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

ひこ・田中さんのその他の作品

レッツもよみます / ちょっと気になるあの人 / ネバーウェディングストーリー モールランド・ストーリー(3) / レッツはおなか / コリンのお店びらき / ぼくは本を読んでいる。



2022年1月の新刊&おすすめ絵本

お引越し

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット