すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
てつじんこさん 30代・ママ

遊びかた無限大
5歳の息子が楽しめそうだと思い購入しま…
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ピッキーとポッキーのはいくえほん おしょうがつのまき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ピッキーとポッキーのはいくえほん おしょうがつのまき

  • 絵本
文: あらしやまこうざぶろう
絵: あんざいみずまる
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年11月10日
ISBN: 9784834080322

読んであげるなら・ 5・6才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
22X20cm 28ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

お正月、ピッキーとポッキーは、やぎ先生に俳句を教わって、友だちにも教えてあげました。「どんぐりがひとつ入ったおとしだま」これはリス君の句です。楽しい俳句絵本。

ベストレビュー

水丸さん、かわいく絵本を描きました

 安西水丸さんの本名は渡辺昇。確か村上春樹さんの小説でも使われていたはず。
 渡辺昇くんが安西水丸に変身するのは、渡辺くんが働いていた「平凡社」という会社の同僚の命名による。
 それが嵐山光三郎さん。
 つまり安西水丸さんと嵐山光三郎さんは会社の同僚として出会い、その後水丸さんが亡くなるまで、いえ、亡くなってからあとも終生変わらない友情を育んできた。
 この絵本の文を担当している「あらしやまこうざぶろう」さんはもちろん嵐山光三郎さんだし、絵を担当している「あんざいみずまる」さんは言うまでもなく安西水丸さんだ。

 二人の手による絵本の創作は結構早い。
 1976年に出した『ピッキーとポッキー』が最初で、この「はいくえほん」がシリーズ3作めとなる。
 出版されたのが2013年で、その頃水丸さんはイラストレーターとしての経歴も長くなり、最初の頃のような線がなかなか描けなかったそうだ。つまり、ヘタに描くことに悩むなんて贅沢極まりない。

 おそらくこの絵本に使われている俳句は嵐山光三郎さんの作なのだろうが、水丸さんはその俳句を楽しみながら、ヘタに描こうと悩み、やっぱり嵐山の俳句はヘタだななんてにやけながら、ヘタに描こうと腕を奮っていたにちがいない。
 ちなみに、どんな俳句が書かれているかというと、「おぞうにを たべてすぐねて うしになる」「ゆきだるま ゆきをかぶって ふとったよ」など。
 もちろん嵐山さんはヘタに詠むのは難しいというにちがいないだろうが。
(夏の雨さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あらしやま こうざぶろうさんのその他の作品

ロボとピュ−タのはいくえほん なつやすみのまき / ピッキーとポッキーのかいすいよく / ピッキーとポッキー



細田守監督&tupera tuperaさん対談インタビュー

ピッキーとポッキーのはいくえほん おしょうがつのまき

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.54

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット