話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
おばあちゃんは大どろぼう?!

おばあちゃんは大どろぼう?!

  • 児童書
作: デイヴィッド・ウォリアムズ
訳: 三辺 律子
絵: きたむら さとし
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2013年12月05日
ISBN: 9784092905573

四六判/288頁

出版社からの紹介

おばあちゃんと孫の奇想天外な冒険物語

ベンは、金曜日の夜、両親が遊びに行くときには、いつもおばあちゃんに預けられます。おばあちゃんは、キャベツくさいしつまらないと思っているベンは、それが嫌でたまりませんでした。でもある日、おばあちゃんの秘密を発見してびっくり。なんとおばあちゃんは、大どろぼうだったのかも?!おばあちゃんのこれまでの活躍を聞き、すっかりおばあちゃんを見直したベン。しかし、おばあちゃんは、病気で入院してしまいました。どんどん元気がなくなっていくおばあちゃんを見て、ベンは、おばあちゃんを勇気づけようと、一世一代の大どろぼうを計画します。病院を抜け出して、おばあちゃんとむかったのは、ロンドン塔。テムズ川から、地下の配管を通って、忍び込む計画です。おばあちゃんとの大冒険の結末は?
奇想天外な、大冒険は、ハラハラドキドキと笑いの連続です!!!

ベストレビュー

相当面白いみたい

読書好きの9歳の娘が、「この本、ちょー面白い!」と言って読んでいます。読みながら、「アハハハ」と声をあげるくらいなので、相当面白いみたいです。
おばあちゃんはキャベツくさいし、つまらないと思っている少年ベン。でも実はおばあちゃんが大どろぼうだと知って、おばあちゃんのことをすっかり見直します。一緒にお城に忍び込むという、すごい計画まで立てて実行するふたり。あらすじを娘に教えてもらうだけでもドキドキしてしまいました。
著者はイギリスのお笑い芸人さんだそうです。芸人さんて、多才な人が多いんですね。
(クッチーナママさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子6歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

デイヴィッド・ウォリアムズさんのその他の作品

ミッドナイトギャングの世界へようこそ / おじいちゃんの大脱走 Grandpa’S Great Escape / 世にもおそろしいフクロウおばさん Awful Auntie / ドレスを着た男子

三辺 律子さんのその他の作品

夢の彼方への旅 / オードリー・ヘプバーン / ダリウスは今日も生きづらい / Scream! 絶叫コレクション 消えない叫び / ブウさん、だいじょうぶ? ともだちが たいへんなことに なっていたら / Scream! 絶叫コレクション 不気味な叫び

きたむら さとしさんのその他の作品

エルビス、こっちにおいで / スマイルショップ / ライオンになるには / アブラ カダブラ カタクリコ / エルマーとクジラ / キョウリュウがほしい


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > おばあちゃんは大どろぼう?!

3月の新刊&オススメ絵本情報

おばあちゃんは大どろぼう?!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット