話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

あおいめのめりーちゃん おかいもの

あおいめのめりーちゃん おかいもの

  • 絵本
作: かこ さとし
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,210

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2014年02月
ISBN: 9784032063004

26cm×21cm/32ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

めりーちゃんは、あおい目のかわいい女の子。ある日、おかあさんと買い物に行きます。
「わたしも かいたいものが あるの」と自分のおこづかいをもって。
何を買いに行くのかな……?

洋服やさん、文房具やさん、肉屋さんへ行って買い物をする、めりーちゃん親子。
八百屋さんでは、くろい目のたろーちゃんとおかあさんに会います。
酒屋さんでは、ちゃいろい目のばぶちゃんに会います。
みんなそれぞれ何を買ったのでしょう。

最後まで読んでいくと、3人のおうちそれぞれの晩ごはんのメニューがわかります。
どこで何の材料を買ったのかな?と、子どもたちと当てっこできるのもお楽しみ。
でももっとわくわくするのは……買ったのが、ごはんの材料だけではないところなんですよ。
思い出してください、めりーちゃんとおかあさんは、洋服やさんと文房具やさんへも行っているでしょう。
夜、帰ってきた、めりーちゃんのおとうさんはびっくりしています。
じつはめりーちゃんたちはケーキ屋さんでもお買い物をしているんです。
何のためか、もうわかったかな?
素敵なパーティがはじまりますよ!

かこさとしさんの「はり絵」の絵本、『あおいめ くろいめ ちゃいろのめ』(1972年刊行)の続編です。
かわいらしいめりーちゃん一家が主人公ですが、たろーちゃんもばぶちゃんももちろん登場。
単純な線のなかにとてもあたたかみがある絵の雰囲気は、前作から40年(!)経っても変わらず、子どもたちにやさしい安心感を与えます。
お買い物、ごはん、プレゼント、パーティなど、みんながだいすきなテーマが詰まっていますよ。
家族のために、楽しそうにめりーちゃん、たろーちゃん、ばぶちゃんがお買い物をしていて、心がほかほか、あたたかくなります。
めりーちゃんのおとうさんの、驚いた顔、うれしそうな顔といったら。
表情豊かなお顔に注目してくださいね!

(大和田佳世  絵本ナビライター)

ロングセラー『あおいめ くろいめ ちゃいろのめ』の続きのお話。あおいめのめりーちゃんは、お買い物へ。何を買うのかな?

あおいめのめりーちゃん おかいもの

ベストレビュー

温かいお祝

めりーちゃんが、お母さんと一緒に買いものに出かける話。
何を買って、何をするかは、最後のお楽しみ。

2014年刊行。前作は1972年「あおいめ くろいめ ちゃいろのめ」。42年ぶりに続編を作った筆者は、後書きに、前作の時の状況と今回の違いを述べている。42年もたって、いろんな持病ができたり、「特に視野欠損」との闘いもあり、時間も手間もかかったのに、納得できる出来栄えにはならなかった…という。作者の努力もすごいが、長年たってから「続編が書ける」という珍しい機会を得たことなども素晴らしい。
いろんな人の思いや働きがあって、1冊の本が出来上がっているのだと実感。

わかりやすいお話で、最後はハッピーエンドでほっこりする。
特に事件も起こらず、ハラハラドキドキもしない世界だが、実はこのような平和で温かい家庭環境が守られていること自体が奇跡だと私は思う。ことに最近は「毒親」「親ガチャ」など、家庭崩壊や親族関係の悪化・陰惨な事件が多く報道されているし、「結婚離れ」も進んでいるとか。
家庭を持てば幸せになるというのが幻想にすぎないと、自分たちの両親や周囲の大人たちを見て、あるいは自分の仕事や生活・収入などの現実をみて、家庭を作らないと決める人も増えているという。

そんな最近の風潮とは全然違う70年代の作品。
それが今も読まれているのは、時代や人の考え方が変わっても、幸せを求める気持ちは変わらないからだと思った。
(渡”邉恵’里’さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ぼんさいじいさま
    ぼんさいじいさま
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ある春の日に訪れた、最期の一日。 ぼんさいじいさまのまわりには沢山のありがとうとさよならがありました

かこ さとしさんのその他の作品

カッコーはくしのだいぼうけん / かわいいきいろのクジラちゃん / かこさとしと紙芝居 /  / てづくり おもしろおもちゃ かこさとし あそびの玉手箱 / CHOCK FULL’O FUN


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > あおいめのめりーちゃん おかいもの

みんなで参加しよう!えほん祭

あおいめのめりーちゃん おかいもの

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.42

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット